初音ミクの歌声に感情はあるのか?

スポンサーリンク

こんにちは、ソラリスです。

 

Togetterを見ていると気になるものを見かけました。

「ボーカロイドの歌声には感情がこもっているか?」

 

人とボカロの歌声比べたときに、

ボカロの方が感情がこもっているように思える人が

増えてきてるってことでしょうか。

 

興味深いのでこの話を掘り下げていくことにします。

 

ボーカロイドと作り手の関係

 

私自身は、

ボーカロイドの歌声に感情はこもっていると考えています。

しかし、それは「ボーカロイド自身」の感情ではありません。

 

あくまでボーカロイドの歌声にこめられるのは「作り手の感情」まででしょう。

ボーカロイドが自身の想いで歌うことができたら

それはもう人工知能の領域でしょう。

 

そんな人工知能ができたら・・・

なんて考えると胸が熱くなりますけどねw

 

ミクさんのAIお願いします!!

 

・・・話がそれましたが、

ボーカロイドは「作り手の想いの代弁者」。

それが私の意見です。

 

逆に人間が歌う「想い」とは?

「ボーカロイドの歌声には感情がない」

「人間が歌う方が心が込められている」

 

ミクさんが世に出た時からずっと言われてきたことですが、

なぜ今回逆のことが言われてるのでしょうか。

 

 

歌う人間の力量の問題?

 

私は半分正解で半分不正解かなって感じます。

 

人の心ってとてつもなく複雑ですよね?

で、その複雑な心を言葉を介して伝えようとしたとき

皆さんは100%伝えられる自信がありますか?

 

結構難しいですよね。

「うれしい」のひとことを伝えるにしても

どのように嬉しいのか、なんで嬉しいのか、どれくらい嬉しいのか、嬉しいけどゴニョゴニョ

などなど色んなが複雑に絡み合っています。

 

それが人の美しい部分でもあると思いますけど

こんなに複雑なものを寸分の狂い無く伝えるのはまず不可能に近いでしょう。

 

歌が上手い人はよく「心がこもっている」って言われますけど、

多分あれは違うんじゃないかなと。

 

「心がこもっている」

ではなく

「ある感情だけを音に乗せるのが上手い」

 

じゃないかなって私は思います。

 

文章で表すと、

「嬉しい」

だけだとちょっと意味ありげな気もしますが、

「嬉しいっ!!!!!!!!!」

だと『あ、嬉しいだけなんだな』って思いませんか?

(分かりづらかったらごめんなさい・・・)

 

でもこれは複雑な心を持っている人間には難しいことです。

人間は様々な感情が複雑に絡み合ってる生き物ですからね。

 

特に察する文化がある日本人には難しいのかもって思います。

 

そんな1人でさえ複雑な人間が

大人数で歌ったらどうなりますかってことです。

 

複雑どころじゃないわ!!

 

人間が複数人で歌って、感情を伝えるのは難しいってことです。

プロでも難しいことじゃないでしょうか。

 

ボーカロイドは感情が伝わりやすい媒体なのかもしれない

もともとボーカロイドには心がありません。

だからシンプル。

故にいろんなものを込めやすい。

 

『楽しい』を表現するなら、勢いよく高めの声で。

『悲しい』を表現するなら、暗く低めの声で。

 

他にももうちょっとありますが、

でも技術的なことだけで大抵解決しちゃいます。

 

人間みたいに複雑じゃないからこそ

伝えたいものが伝わりやすい。

伝わるから面白い。

 

これが今まで初音ミクをはじめ、

ボーカロイドが愛されてきた理由ではないでしょうか。

 

まとめ

だいぶ長くなっちゃいましたねw

私が言いたかったのはボーカロイドも人も歌に感情を込められるんです。

 

ただ、ボーカロイドは心がないからこそ感情がこもり易い。

人は豊かな心があって複雑だからこそ感情が伝わりづらい。

 

でもそんな人の歌声も複雑だからこそ味があるのだと思います。

どちらも違って美しい。

優劣をつけるのは逆にバカらしいかなって思います。

 

では今回はこの辺で。

ここまで見てくれたあなた様に感謝、です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!