ドコモで648円で買える格安スマホが発売!でも本当に安いの?

スポンサーリンク

 

ども!ソラトラボ管理人のソラリスです。

 

ドコモからちょっと気になる機種が発売されているのを見つけたのですが・・・

それがこのMONO。

どうやら648円で買える(!?)超格安スマホが発売されているとのことです。

見た目はなんとなく液晶部分が狭いような印象を受けます。

昔のXperia Aみたいな感じかな?

 

この648円で買えるスマホってどうなの?

今回はドコモの格安スマホ「MONO」について考えていきます。

 

MONOを使ったときの料金をシミュレーションしてみた

実際にドコモでMONOを使ったときの料金をシミュレーションしてみましょう。

ドコモの中でも安いプラン(カケホーダイライト+データSパック[2GB])で考えてみました。

今回は機種の代金がとても安いので店頭で一括で買うケースがほとんどだと思うので

「月々の機種代は0円」として考えてみます。

 

月額料金

カケホーダイライト 1700円

データSパック 3500円

インターネット接続サービス 300円

 

合計 5500円~/月

 

うん…やっぱり高いよね?

年間使用料で考えると66000円です。

 

 

格安スマホの月々の利用料金をシミュレーション

対して格安スマホ(UQモバイル)で考えてみましょう。

こちらはスマホを分割で購入したパターンで考えてみます。

例としてZenfone3(1200円×12回払い)を購入したとします。

 

おしゃべりプラン(Sプラン)[2GB]  1980円(14ヵ月目以降2980円)

機種代金 1200円

 

合計 2980円(14ヵ月目以降 3980円)

 

こちらの年間支払額は35760円(14ヵ月目以降でも47760円)となります。

ドコモと比べると実に30240円も安いことが分かります。

 

つまり結論を言うと…

機種がどれだけ安かろうと大手キャリアで契約してたら安くはならない!!

ってことですね。

 

ドコモで格安スマホを買うよりも

格安SIM業者でちょっといいスマホを新品で買う方がお得なんですよね。

なんというか消費者をおちょくるのもいい加減にして・・・って感じです(´・ω・`)

 

MONOの機種性能は?

スポンサーリンク

MONOはドコモのオリジナルスマホらしいのですが、

製造会社を調べてみるとZTEとのこと。

つまり、中国製スマホということですね。

 

特徴は格安スマホではあまりない防水・防塵に対応しています。

 

安いのスマホなので必要最低限の機能のみ搭載されていますので、

ワンセグ赤外線機能おサイフケータイには未対応とこのとです。

 

そして何気にハイレゾ音源に対応しているとのことです。

 

その他の特徴は・・・

安い!(さっき言った

 

ぶっちゃけ個人的な感想を言うと

ほとんど特徴がないんです。

 

公式ページでバッテリー持ちが良いと記載されていますが

バッテリー容量を調べてみると2440mAhと低め(近年のスマホは3000mAh以上で無いと大容量とは言いづらい)。

つまりは動作が軽いからバッテリーが持つということなのでしょう。

 

ということはゲーム等のバッテリーを激しく消費する使い方をすれば

あまりバッテリーは持たないのでは?という疑問もあります。

 

他にも「ここがいい!」と紹介されてはいますが、

他の機種と比べてみると平均的かちょっと弱い、という性能です。

 

ですがほとんどスマホ使わない、

という方が持つには機種自体は格安ですし、丁度いいかもしれませんね。

 

まとめ

648円スマホは・・・

  • 機種代は確かに安い。けどドコモ回線の使用料が高いのでトータルで考えると高い
  • 機種の特徴は防水・防塵対応
  • その他の性能は特にいいところはない

 

といったところです。

とはいうもののドコモをはじめ大手キャリアは

サービス面が手厚いのでスマホが苦手であまり使わないという高齢者には

手が出しやすいスマホかなと思います。

いかにも高齢者向けのスマホ全開のらくらくスマートフォンよりは全然いいと思います。

 

ただ、節約目的でMONOを使おうということなら

おすすめはできません。

スマホ料金の節約に本腰を入れるには格安SIMに乗り換えた方がいいというのは

相変わらずということみたいですね。

 

今回はこの辺で。

ここまで見てくれたあなた様に感謝、です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA