スマホカメラの写真撮影に広角レンズを使うと世界が変わる件

スポンサーリンク

 

どもども、ソラトラボ所長のソラリスです!

最近旅行先での自撮り棒を使った撮影が禁止になってるところも徐々に増えてきていています。

 

旅の思い出に風景と自分達が写った写真を撮りたい方も多いと思いますが、

普通のスマホカメラだとあまり風景が写らなくて難しいんですよね。

 

なにかいい方法は・・・ええ!ありますよ!!

外付けスマホカメラ用のレンズを使うのです!!

 

外付けのカメラレンズを使うとなにがいいのか、その実力をお伝えしていきます!

 

「広角レンズ」があれば世界が変わる

カメラレンズには主に4種類あります。

ズームができる望遠レンズ。

180°の風景を写すことができるちょっと変わった魚眼レンズ。

接写するときに使うマクロレンズ。

そして、広い画角が広角レンズ。

 

中でも広角レンズを持っていると撮影の幅が広くなって撮ることが楽しくなります♪

特に旅行先での撮影にもってこいと言える程です!

 

広角レンズを付けて撮影するとどんなふうに写るの?

スマホカメラに使われているレンズもほとんどが広角レンズなのですが、

そこまで画角が広いとは実感は実感できません。

が、外付けの広角レンズを使うとガラリと変わります!

どのくらい画角が変わるかというと・・・

 

まず、広角レンズ未使用の撮影した写真です(ノイズ入りまくってる写真ですみません><)。

両サイドのねんどろいどが見切れていますね。

 

続いて同じ撮影位置から広角レンズで撮影してみます。

見切れていた左右のねんどろいどもしっかり写真内に収まっています!

それに広角レンズを使って撮影すると、より写真に立体感が出てきます。

 

観光地での写真撮影に最適!

広角レンズを使うと観光地での写真撮影で大活躍します!

活躍する場面をちょこっとご紹介。

 

自撮りするときに「背景+自分たち」の写真が撮りやすい

自撮りするなら自撮り棒でいいじゃん!

と思われるかもしれませんが、

自撮り棒を使うとどうしても他の観光客の妨げにもなりますし、

下手をしたらケガをさせかねません。

 

そのため、

最近の観光地では自撮り棒の使用を禁止するところも出てきています。

 

そこで広角レンズの出番です!

普通に自撮りをするとなかなかバックの風景が映り込まなくて微妙な写真になりがちなのですが、

広角レンズを使うと、画角が広くなるためバックの風景も広く映り込ませることができます。

 

「風景+自分たち」の写真が撮影しやすくなるため、自撮り棒はぶっちゃけ要らない子になりますw

 

風景写真がもっと空間を感じられる写真に

風景写真を撮るときに広角レンズを使うと、めっちゃ楽しいです!

今までとは違った迫力というか「広さ」を感じられる写真を撮ることができます。

 

風景写真以外にもいろんなシーンで使うと面白い写真を撮ることができますので、

広角レンズひとつ揃えるだけでスマホカメラの写真がかなり変わります!

 

スマホレンズの装着方法

スポンサーリンク

基本的にはクリップでスマホ本体にレンズを固定する装着方法であることが多いです。

カメラ部の中心にレンズが来るように位置調整したら

ネジでギュッと固定しましょう。

 

この位置調整が何気に難しいので、

カメラを実際に起動しながら位置調節をするとやりやすいですよ!

 

レンズの位置がずれていると↓の写真のように周りが黒くなっちゃいますので

しっかりと合わせてから撮影をしましょうね。

 

実際に撮影してみた

被写体がダンボーさんなのでイメージが付きづらいと思いますが、

自撮りをするとこんなイメージで撮影できます。

この写真よりも少し上にカメラを動かすと「風景+人」の写真がよく撮れますよ!

 

あえて被写体に寄って撮影するのも奥行が感じられますし、これはこれでアリですね。

ちなみにスマホによってはカメラレンズを装着することで

どうしても四隅が暗くなってしまうものもあります。

そんなときは画像修正アプリでちょちょいとトリミングしてあげましょうね。

 

ソラリスおすすめの画像修正アプリはこちらで紹介してます!

撮影失敗…諦めるのは早い!スマホ写真をアプリで編集する方法

2017.01.25

 

まとめ

  • 外付けの広角レンズを使うと写真の表現力が上がる
  • 観光の時に持っていくと自撮りや風景を撮るときに役立つ

といった感じですね。

2000円くらいで3種類のレンズセット買えますし、

もっと安いのならば100均でも広角レンズを売っているところがあるみたいなので、

探してみるのもいいかもしれませんね!

 

では今回はこの辺で。

ここまで読んでくれたあなた様に感謝、です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA