車内で手軽にスマホ音楽が聴けるFMトランスミッターの気になる音質

スポンサーリンク

ソラトラボ所長のソラリスですよー!

つい先日、友人の車で使っているFMトランスミッターが壊れたとのことで

付き添いで家電量販店に行ったんですよ。

 

で、新しいFMトランスミッターで音楽を聴いてみたのですが、

思ったよりも音質が良くてビックリしました!

てっきりラジオとそう変わらない音質なのかなって思ってたんですけど、

技術の進歩ってあっという間だなーってのを感じさせられました。

 

ということで今回の話題は

”FMトランスミッターって案外使えるやん!”というお話です!

 

FMトランスミッターの音質ってどんなもん?

FMトランスミッターの音質は安いもの(1000円前半台)だと結構チープな音質になりますが、

有名メーカーかつ3000円前後のものだとしっかりした音質のものが多いです。

車内のスピーカー等の音響機器に手を入れてない環境下であれば、

メーカー標準搭載のオーディオプレイヤーとそこまで音質の差は感じられない程です。

 

具体的には、

ラジオ = 低価格帯FMトランスミッター < FMトランスミッター << カーオーディオ機器

といった感じです。

 

しかし、使用環境によっては時折音が途切れたりもしますので、

そこは目を瞑る必要がありますね。

 

ちなみに、いいお値段のスピーカーを使っている場合は

オーディオプレイヤーで再生した方が断然いいです。

 

FMトランスミッターは車内で手軽に音楽が聴けるアイテム

 

中古車に付いているオーディオはCDとラジオしか聴けないというものが結構ありますよね。

FMトランスミッターはそういった車でスマホ・ミュージックプレイヤーの音楽を楽しめるように作られたものです。

そのためFMトランスミッターの音質は良くなったといっても、

オーディオ環境が整った車と比べるとさすがに差はあります。

 

 

あくまでFMトランスミッターの位置付けは、

手軽にスマホやミュージックプレイヤーの音楽を聴けるようにするための物です。

 

FMトランスミッターはBluetooth接続 or AUX(有線接続)のどっちを選ぶべき?

FMトランスミッターの接続方法には有線かBluetoothの2種類があり、

価格はBluetooth対応の方が高めになっています。

 

音質は一般的に有線の方が良いとされていますが、

スマホとBluetooth機器の双方の対応転送コーデックがAAC、aptXに対応していると、

体感ではそこまで音質の差は感じられません。

 

スマホ側とFMトランスミッター側のどちらかがAAC、aptXに未対応で

SBCというコーデックのみに対応している場合は

圧倒的に有線接続の方が音質がいいです。

(格安スマホの一部はSBCのみ対応のものもありますので注意!)

 

お手持ちのスマホと利用環境に応じて選びましょう!

 

まとめ

  • スマホを接続できないカーオーディオ環境ならFMトランスミッターを使う選択は十分にアリ!
  • FMトランスミッターはそこまで音質は悪くないが、しっかりしたカーオーディオ環境より音質は悪い
  • Bluetoothか有線の音質の違いは基本的にはあまりない(Bluetoothの対応コーデックによっては例外あり)

といったところですね。

 

ここまで読んでくれたあなた様に

素敵なスマホライフがあらんことを!

 

ソラリスが選ぶ音質が優れたスマホはこちらで紹介してます!

【2017年前半】音楽で考えるおすすめスマホ5選

2017.04.04

音楽特化スマホ『GRANBEAT』ってどんな機種?

2017.03.27

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!