パソコンが無くても音楽CDからスマホに取り込める!その方法は?

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!

 

長い通勤通学のオトモとして、

スマホで音楽を聴いている人という方も結構いらっしゃるでしょう。

 

音楽をダウンロード販売で買うのも普通になってきました。

 

けど、1曲あたり2,300円するし、

頻繁に買うとなると何気に高い出費になるんですよねー。」

 

レンタルCDなら安いけど、

パソコンを持っていないからスマホに入れられないんだよな・・・

という方も少なくないでしょう。

 

そんなあなたに今回は、

パソコンを使わず音楽CDをスマホに取り込む方法を紹介しますー!

 

最近はスマホの周辺機器として「音楽CD取り込み機器」が発売されている

今までは音楽CDを取り込むには一旦パソコンで取り込んだ後に、スマホに入れるのが普通でした。

配信サイトからダウンロードするよりもCDから取り込んだ方が音質がいいので、

音質にこだわる人はどうしてもパソコンを使う必要がありました(今はハイレゾがあるからそうとは言えないけど)

 

しかし最近は、スマホと音楽CDを入れた専用機器を接続し、

操作するだけで音楽をスマホに取り込める機器が発売されているんです。

 

価格も1万円未満で結構いいものが買えますので、

パソコンよりも圧倒的に安く手に入るのがいいですよね。

 

音質も意外と結構いい

音質がイマイチなんじゃ・・・と思って調べてみましたが、

そうでもないみたいです。

 

AAC 320KbpsやハイレゾクラスのFLAC形式など

かなり高音質の音源を取り込める機器も多く販売されています。

 

周辺機器ながらパソコンとほぼ同等の音源を取り込めるのは

結構大きなメリットと言えるでしょう!

 

レンタルCDショップを活用できるので出費が減る

アルバムを借りてもだいたい300円前後ですし、

取り込みの機器もだいたい7000円も出せばいい機器を買えます。

 

今後たくさん曲を聴きたいという人は、ダウンロードサイトで落とすよりも

取り込み機器を買ってレンタルCDショップでCDを借りた方が

結果的に安く済ませることができます。

 

中にはCD音楽再生のみ対応の機器もある

形状も似てるしちょっとややこしいのですが、

スマホ用CDプレイヤーというものもあります。

 

スマホ用CDプレイヤーではスマホに音楽を取り込むことができませんので、

購入を考えている方は、CD再生しかできない機器を選ばないように注意してください!

必ず商品紹介を読んでCDからスマホに取り込めることを確認してから購入しましょう!!

 

USBケーブルのみ接続ができる機器は注意!

機器に付属しているUSBケーブルはType-Bのものが多いため

最近発売された機種(2016年後半以降に発売された機種)を使っている人は注意が必要です。

最近のスマホはUSB端子がType-Cのものが出てきているので、

そういったスマホを使っている方は変換コネクタを使わないと接続できないので注意が必要です!

 

音楽CD⇒スマホに取り込める機材のオススメ!

スポンサーリンク

I-O DATA 「CDレコ」 CDRI-W24AI

 

音楽CDからスマホに取り込む際、

スマホと取り込み機器をUSBケーブルで接続する機種が多いのですが、

この「CDレコ」ではUSBケーブルだけでなくWi-Fi接続でも音楽を取り込むことができます!

 

最近のスマホのUSB端子はType-Cになっているものが多く、

こういった機器とUSB接続するのに変換コネクタが必要になるケースが多いのですが、

Wi-Fi接続なら問題なく接続ができますね。

 

取り込める音質も最高設定でハイレゾ音源である

「FLAC」形式でも取り込むことができるので、

いい音質の音を楽しむことができます!

 

 

まとめ

  • パソコンを使わなくても音楽CDから高音質音源をスマホに取り込める周辺機器がある
  • レンタルCDを借りてスマホに取り込んだ方が節約になることもある
  • 音楽CD再生専用スマホプレイヤーもあるので買う時は注意!

パソコンを持っている方はこちらで高音質の音源を取り込む方法について紹介しています!

スマホに高音質の音楽を取り込む方法を伝授します!

2017.03.17

あなたのスマホライフに幸多からんことを!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!