スマホは頑丈が正義!工事現場もOKなタフネススマホ「CAT S40」

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!

オンキヨーから新しいタフネススマホ「CAT S40」が

日本向けに発売されました!

 

「CAT S40」はアメリカの大手建設機械メーカー

「キャタピラー」というブランドのスマホということで

建築現場や農作業現場での使用に困らないような作りになっています。

 

もちろんアウトドアにも

じゃんじゃん連れ出せるスマホになっていて

アクティブにスマホを連れ出すことができます!

 

今回はこのCAT G40についてどんな機種なのか見てみます。

 

CAT  S40ってどんなスマホ?

対衝撃・防水・防塵に特化したスマホ

耐衝撃の性能はアメリカ国防省の調達基準である「MIL-STD-810G」をクリアし、

高さ1.8mからコンクリートの地面に落としても問題ないというテストをパスしています。

 

防水・防塵機能も国際規格である、

「IP68」程度の性能(水深1mに60分間浸しても起動できる)を有していますので、

工事現場などで巻き上がる粉塵の中でも気にせず使用することができます。

 

また、水に濡れた状態でもスマホが操作可能ですので、

泳ぎに連れ出してスマホを使うこともできます。

 

強い直射日光が当たってもスマホ画面が見える・読める

夏場の直射日光がスマホ画面に当たると、

画面の明るさの自動調節機能が付いているとはいえ

結構見えづらくなることも多いですよね。

 

CAT S40ではGorilla Glass 4.0という

野外作業やアウトドア用に設計されたディスプレイを使っているため

直射日光の当たる環境で使っても高い視認性があります。

また、明るい場所に強いだけではなく高い透明度と強度も持ち合わせています。

 

それに加え、屋外で音楽を聴きやすいようにオーディオ性能も強化しています。

オーディオメーカーのオンキヨーらしいこだわりですね!

 

基本スペック

バッテリー 3,000 mAh
通話時間 連続通話時間: 18 H
待受時間 39日(Single SIM状態)
※4G/3G回線は安定した試験波で測定した目安時間です。
※使用条件により実際の動作時間は変化します。
ディスプレイ 4.7インチ IPSパネル静電容量タッチ型(qHD, 540 × 960)(Corning Gorilla Glass 4)
カメラ撮影機能 メイン/リア: 8メガピクセル オートフォーカス
フロント: 2メガピクセル
動画撮影機能 720 p 30 fps
外部接続 ヘッドホン端子 3.5 ㎜
Bluetooth 4.1
NFC対応
Wi-Fi 802.11b/g/n
USB micro USB/OTG
Sim nano SIM x 2 ※1
GLONASS, GPS, A-GPS
メモリ ROM 16 GB
RAM 2 GB
外部メモリ microSD 最大64 GB
音楽再生対応 AAC, AAC+, eAAC+, AMR-NB, AMR-WB, MP3, MIDI, OGG, WAV, FLAC, MKV
音楽録音対応 AMR-NB, AMR-WB, AAC, AAC+, eAAC, WAV
動画再生対応 H.263, H.264, H.265, MPEG4, VP8, VP9
動画録画対応 AMR-NB, AMR-WB, AAC, AAC+, eAAC, WAV
対応Band LTE Band 1/3/7/8/19/20-800/900/1800/2100/2600 MHz
HSDPA/WCDMA Band 1/5/8/19-800/850/900/2100 MHz
GSM/GPRS/EDGE Quad-Band 850/900/1800/1900 MHz
搭載APU Qualcomm MSM8909 Quad-core 1.1GHz
搭載OS Android 5.1( Lollipop)
堅牢性 IP規格  IP68
防水 水面下1 m, 60分
防塵 粉塵の侵入が完全に防護されています
落下 1.8 mの高さからの落下
MIL SPEC MIL SPEC810G, 落下・衝撃,
動作温度(-25~55℃) , Category4振動
センサー 加速センサー、近接センサー、照度センサー、電子コンパス
寸法・重量 寸法(HxWxD) 144.9 x 74.08 x 12.45(mm)
重量 185 g

 

他の機種と比べてどうなのか?

スポンサーリンク

同時期である2017年夏に発売される高性能スマホと比べると、

丈夫さ以外はほとんどの性能で劣っています。

 

また、価格がミドルレンジ帯(3~4万円)のスマホと比較しても、

ストレージの容量やメモリ(RAM)の容量が少ないですし、

なによりOSがAndroid 5.1(Lollipop)なのがちょっと痛いですね。

 

同じタフネススマホのTorque G3と比較してみると、

完全に下位互換という印象を受けます。

まあ、本体価格はTorque G3よりもCAT S40の方が安いですし

仕方ないとは思います。

 

Torqueは買えないけど、頑丈で壊れにくいスマホが欲しいという方には

ピッタリの機種といえます。

 

CAT S40はどこで買える?

CAT S40は公式の通販ショップで買うことができます。

しかし、基本的に法人向けの販売がメインということなので

個人での購入は難しいのが現状です。。。

 

まとめ

  • CAT S40は基本的に法人向けスマホで個人の購入は難しい
  • 高い耐衝撃・防塵・防水機能を備えていて建築現場や農作業現場、アウトドア等でも気にせずに使える
  • 性能は同世代機種と比べて一回り劣る性能

 

ほぼお仕事用のスマホって感じですね。

普段使いで丈夫なスマホが欲しいという人はTorque G3の方が断然いいかなという印象でした。

また、同時期の他のスマホ紹介もしていますのでこちら↓も合わせてどうぞ!

auの2017年夏発売スマホ「TORQUE G03」が最強(物理)な件

2017.05.30

カメラに音楽に何でもOKなスマホ!Xperia XZsがもうすぐ発売な件

2017.05.23

シャープの新型スマホAQUOS Rのカメラ性能に期待大な件

2017.04.21

【2017年版】スマホカメラの性能で考えるおすすめ機種を厳選!

2017.03.09

 

貴方のスマホライフに幸多からんことを!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!