スマホカメラの失敗写真を蘇らせる!フィルターを使った編集方法

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!

 

スマホカメラで撮影した写真を後から見てみたら

暗すぎたりピントが合っていなかったり

撮影失敗したー!!!

ということが時折ありますよね。

 

でも諦めないでください!

実はそんな写真でもフィルターを掛ければ

また復活できるかもしれないんです!!!

 

今回は撮影失敗した写真のフィルターを使った蘇生方法について

お話ししていきまーす!

 

「ふぃるたー」ってなにさ?

言葉でいろいろ語るよりも実物をお見せした方が分かると思います。

こんな写真が・・・

 

フィルターを掛けると・・・

こんな感じにガラッと雰囲気を変えることができます!

こういった特徴的なフィルターの他にも

色味を少し変えたりして、自然に魅せるようなフィルターもあります。

 

使うレタッチアプリは?

インスタグラムとかでもいいんですが、

私はこのPixirをおすすめしたいです!

Autodesk Pixlr
Autodesk Pixlr
開発元:123RF Limited
無料
posted with アプリーチ

写真に掛けられるフィルターの種類は90種類程あり、かなり豊富です。

その他にも明るさや鮮やかさサイズ修正など

基本的な画像修正もできますので

このアプリさえあれば画像修正は問題ないレベルです!

 

撮影失敗した写真にフィルターを掛けてみる

スポンサーリンク

こんな感じでピンボケしている写真を

いろんなフィルターに掛けてみます。

 

ケース1.モノクロにする

モノクロのフィルターを実際に掛けてみましょう。

モノクロのフィルターを掛けることで

ぼやけているのがそこまで目立たなくなりましたね!

 

 

続いてこんな感じのくらーい写真です。

暗くて色がつぶれて見えますね。

こいつにモノクロのフィルターを掛けてみましょう。

 

先程とは少し違うフィルターを試してみましたが、

多少は輪郭がはっきりとするようになりましたね。

 

2.絵画風にしてみる

ちょっと物足りなげな写真を・・・

 

絵画風のフィルターでちょっと個性的にしてみました!

 

3.肌が白過ぎる写真をフィルターを使ってごまかす

こんな感じでちょっとフラッシュが強すぎて肌が白くなっちゃったときも

暗めのフィルターを使うことである程度緩和することができます。

 

こちらがフィルター使用後です。

劇的に変わるという感じではありませんが、

多少肌色らしくなりました。

 

他にも工夫次第で素晴らしい写真を作り出すこともできますので、

いろいろと組み合わせてみるのも面白いですよー!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

失敗したけどなんとかしたい写真にフィルターを掛けて工夫してみると

そこそこ見られる写真にできる可能性はあります。

 

フィルターに加えて明度や彩度を変えることで

深いところまで修正できますし、

やらかしてしまってもアプリを使って修正を試してみるのもアリです!

 

一度お試しあれ♪

では、あなたのスマホライフに幸多からんことを。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA