スマホのタッチパネルが反応しない原因と修理する前にしたい対処法

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!

今回はスマホのタッチパネルが利かない、

あるいは利きづらくなったときの対処法についてお話します!

 

タッチパネルの反応が利かなくなる主な原因と対処法

画面のヒビ割れ(※要修理)

スマホをうっかり落としたり、

画面に強い衝撃が加わって

画面にヒビが入ってしまった場合はタッチパネルが利かなくなります。

 

ヒビが入った直後はまだ操作できることがありますが、

時間が経つに連れて徐々に操作できなくなってきます。

 

画面ヒビが入ってしまったら

即修理や保険等を使って新しいスマホに交換することをおススメします。

 

また、iPhoneは画面ヒビに強く、

多少のヒビが入っても普通に使っている人もいますよね。

 

しかし、早急に修理or買い替えすることをオススメします。

今操作できていても不具合が起こるのは突然です。

ある日突然画面が付かなくなったり、操作不能になってしまう

可能性が高いのでヒビが入ったままの使用はオススメできません。

 

ヒビが入ってしまったら、

残念ながら修理 or 買い替えするしか手立てはありません。

 

画面にヒビは入ってないけど画面に妙な縦線が入っている(※要修理)

内部の液晶だけが故障しているケースですね。

このケースで画面操作ができなくなる場合がありますが、

個人での修復は難しいので残念ですが修理や買い替えを検討をしましょう。

 

水没(※場合によって復活の可能性あり)

水没してしまった場合も画面は付いているけど、

操作ができない場合もあります。

 

「パっと見、無事かも?」と思っても

水没してしまったら即電源をオフにしてください!

 

電源をオフにしないと、

スマホ内部にじわじわ水が行き渡って

回線がショートしてしまう危険性があります。

そうなってしまうとスマホは故障してしまい、

電源が入らなくなります。

 

電源を消したらこちらの記事で紹介している対処法を試すことで

スマホが復活する可能性もありますので

ダメ元で試してみることをオススメします。

スマホが水没!でも諦めたくない人のための対処法・復活方法

2017.06.14

 

画面が濡れている

スマホの画面が水で濡れてたり、

汗が付いていたりすると、タッチパネルが反応しなかったり

触ってないのに勝手に画面が反応することがあります。

 

タッチパネルの仕組みが関係していまして、

画面に指で触ると微弱な電流が発生します。

 

水に濡れるとその電流の発生に影響が出るため

操作がうまくできなくなります。

 

画面に水分が付着したら柔らかいクロス等で拭きとるようにしましょう。

 

指がガッサガサになってないか

スポンサーリンク

意外と指がガサガサで乾燥しているから

反応しづらいというケースもあります。

ハンドクリームを使いましょう!

 

画面保護フィルムが劣化、汚れている

画面の傷を守ってくれる保護フィルムが古くなったり、

汚れていたりするとタッチパネルの反応も悪くなってしまいます。

保護フィルムが怪しいと思ったら外すか交換しましょう!

だいたい3,4ヵ月に1度はフィルムの交換をしたいところですね。

 

スマホが重い、またはフリーズしている

スマホが極端に重たくなってたり、

またはフリーズしてしまっているといくら画面をタップしても反応しなくなります。

その場合は一旦電源をオフにしましょう。

 

画面が動かず通常の電源オフの方法ができない場合は、

電源ボタンを10秒程長押しして強制終了を行うといいですよ。

 

電源をオフにしたら再度電源を入れて不要なアプリの削除やキャッシュの削除など、

スマホ本体の保存容量を削除を行って動作を軽くしましょう。

Androidスマホの動作が遅くなったらこれを試すべし!

2017.04.05

※iPhoneユーザーでも応用できる方法です!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

スマホのタッチパネルがおかしいときは

水や汚れ、画面ヒビである場合が多いです。

ちょっと調子がおかしいなーと思ったらまずこの3つを疑うといいですよ!

 

ここまでの対処法を試して直らなかった場合は、故障の可能性が高いです。

一旦お店に相談して修理や買い替えを相談してみることをオススメします。

 

では、貴方のスマホライフに幸多からんことを。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!