DTM初心者の味方、「Domino」導入マニュアル

スポンサーリンク

 

ども、ソラリスです!

 

今回は作曲フリーソフトのDomino、

この導入方法について分かりやすく説明していきます。

 

DTMを始めるにあたって

揃えておきたい環境はこちらの記事をご覧ください。

 

1.公式サイトからダウンロードする

まずはアプリケーションをダウンロードします。

下のリンクから公式サイトに飛ぶので↓をクリックしてみてください。

 

「Domino」公式サイト

http://takabosoft.com/domino

 

公式サイトに行きましたら、

↓の○印をクリックしてソフトのダウンロードをします。

 

domino_inst_tezyun

 

クリックすると「Domino***.zip」というファイルがダウンロードされます。

(***部はバージョンによって変わります)

 

2.zipファイルを解凍しよう

解凍の手順は簡単です。

「Domino***.zip」のファイルを右クリック → 「すべて展開

を選びましょう。

 

すると、展開先を聞かれるので好きな場所を選びましょう。

(面倒ならとりあえず触らなくてもOK)

 

終わったら「展開」をクリックしてください。

 

3.Dominoを起動する

解凍が終わったら「Domino.exe」というファイルを起動し、

Dominoを起動してみましょう。

 

起動するとこんな画面が表示されるはずです。

 

domino_kidou

 

起動できましたか?

もし、できない場合はもう一度zipファイルを解凍、

それでもダメな場合は再度ダウンロードしてみてください。

 

4.音源を設定する

スポンサーリンク

 

Dominoをダウンロードできた!導入完了だよね!

・・・あれ、音出ないんだけど?(´・ω・`)

 

そうなんです。

初期の状態では音は出ません。

 

なぜならば、

どの音源を鳴らすのかっていう設定をしなければいけません。

 

 

方法は↓の通りにやっていきましょう。

 

まず、

メニューバーの「ファイル」をクリック → 「環境設定」を選択しましょう。

 

次に、画面左部の「MIDI-OUT」をクリックします。

すると、こんな↓画面が出てきます。

domino_kankyo

 

あとはポートAのところを以下のようにします。

・「MIDI OUTデバイス」→「Microsoft GS Wavetable Synth

※オーディオインターフェイスから出力したい場合は

接続しているオーディオインターフェイスを選択

 

・「音源(音源定義ファイル)」→ 任意

分からない場合は「GSm(Microsoft GS Wavetable Synth)」を選択

 

あとは「OK」でいいです。

 

すると、

ちゃんと音が出るようになってるはずです!

 

試しに右部のピアノロールをクリックしてきましょう。

音が鳴ったら設定完了です。

 

お疲れ様でした!

 

まとめ

Dominoの最初の難関はこの音を出すところなんですよね。

結構「音鳴らないんだけど!」という方がいらっしゃるみたいです。

 

ここまでできましたら実際に曲を作ってみましょうね!

具体的な使い方についてはこちらのページ(※現在作成中)をご覧ください。

 

ではでは!

ここまで見てくれたあなた様に感謝、です!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA