スマホカメラが一眼レフカメラより優れていることを考えてみた。

スポンサーリンク

ほいほい、野生のスマフォトグラファーのソラリスですよーん。

写真にちょっとでもハマってしまうと、どーしても欲しくなるのが一眼レフカメラですよね。

 

ただ、めっちゃ値段が高い。ひたすら高い。

安いのでも5万円はしますからね。

上の方の機種を見上げるともう、数十万・・・(´・ω・`)

 

どなたか私に一眼レフを寄付してる神様な読者様はいらっしゃいまs・・・(自己規制

 

・・・話を戻しましょうかw

スマホカメラも最近急速に性能が上がってきていますが、

単純な性能を比べると完全に一眼レフカメラに軍配があがります。

 

スマホカメラは暗いところの撮影に弱いし、

ズームするとモザイクのごとく写真が劣化するし、

フラッシュを使えば不自然になっちゃうし、

それに・・・

 

うん、これ以上はスマホ君が可愛そうなのでやめましょうかw

 

まあスマホはカメラがメインの機能ではないし、

一眼レフに比べて性能が悪いのは当然と言えば当然ですけどね。

 

ちなみに一眼レフの方が性能いいよー的な記事はググったら山ほど出てくるので

興味がある方は検索してみてください。

 

しかーし、当ブログでは一眼レフに負けないスマホ写真を撮るという無謀な使命があります!

「スマホカメラは一眼レフに比べて性能が悪いです」

で、終わらせるわけにはいかないのだーーー!!

 

ということなので、一眼レフにはないスマホカメラのメリットを考えてみました!

 

小さいので持ち運びが楽

ご存知の通り、スマホはポケットサイズで、持ち運びが楽ですよね。

一眼レフは小さいモデルはあるもののポケットに入れて持ち運び・・・というのはさすがに厳しいですねw

レンズを持ち運んだりすることを考えると尚更です。

 

思い立った瞬間に撮影できる

大抵外に出掛ける時はスマホを携帯してますよね。

出先でふいに「あ!可愛い猫さんめっけ!写真撮りたい!」

という場面に出くわすことがあるかもしれません。

 

そんなときにさっと取り出してすぐ撮影できる。これもスマホカメラの強いところです。

 

常日頃から一眼レフを持ち歩いている人なんて、

プロのカメラマンさんくらいでなかなかいないでしょう。

 

撮影してすぐにSNSに投稿できる

スマホの主戦場は通信分野!

もちろんSNSとの相性もバッチリです。

スマホで撮影してTwitterに即アップなんてのは朝飯前。

 

一眼レフカメラにもWi-Fi搭載型のものもリリースされていますが、

それでもスマホやパソコンを使わないと投稿はできません。

 

性能が制限されているからこそ撮影が上手くなる

えっとね。

これが一番言いたかったこと

 

これにはたぶん異論を持つ人は結構いると思います。

でも、敢えてカメラ初心者こそスマホで写真を撮るべきだと私は感じています。

 

だってさ。

何も考えず普通にスマホで撮るだけだと、

ほぼほぼ、いい写真なんて撮れないですよw

 

明かりもないところで撮影しても

真っ暗な写真が撮れるか

フラッシュを使ってすんごく不自然な写真になるかの

どっちかにしかならないですw

 

あまりにもひどいからこそ、

どう撮ったらいい写真が撮れるか探したくなります。

 

で、「スマホは暗いところの撮影が苦手」ということを知ったら、

「じゃあ光源を工夫して明るくしよう!」って

工夫しようとするじゃないですか。

 

つまりスマホで撮ると「こうしたらもっと良くなる」により早く気付きやすくなるんです!

 

 

カメラ初心者が一眼レフで光源のことを全く無視して撮影した場合、

ある程度カメラの性能でカバーされて、ぼちぼちいい写真にはなるでしょう。

 

けど、「ぼちぼちいい写真」だからこそ落とし穴があります。

 

光源を意識したらもっといい写真が撮れるけど、

撮った写真がぼちぼちいいからこそ光源が重要だってことに気付きづらいんです。

 

だからこそスマホで写真を撮ると、

カメラの基礎的なところをより早く身に付けられると私は実感しています。

 

まとめ

スマホカメラのいいところをざっというとこんなところ!

  • 小さくて軽いから荷物が軽くなるし、旅行とかと相性いい
  • 通信が本業だからSNSに投稿なんて朝飯前
  • 初心者がスマホで写真を撮ると基礎が身に付きやすい

 

 

写真界隈で有名な格言で

「既にあなたが持っているカメラが最高のカメラだ」

というものがあります。

 

スマホカメラは「所詮はおもちゃだ」とかよく聞きますが、

おもちゃも使いようによっては「LEGO」のようにバケてしまうポテンシャルを持っています。

ただのおもちゃだったレゴが今では↓こんなことになってます。

LEGOLAND JAPAN公式ページ

 

「おもちゃかもしれないスマホカメラだってこんなことができるんだぜ!」

って、いつかこのブログで胸を張って言えるような写真を撮りたいなあ(´・ω・`)

 

では今回はこの辺で。ここまで見てくれたあなた様に感謝、です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA