あなたのスマホ写真をアートに!「GoArt」を使ってみた。

スポンサーリンク

 

どうも、野生のスマフォトグラファー、ソラリスです!

スマホの写真を加工できるアプリって数多くありますよね。その中でも今回は「GoArt」というアプリを使ってみたので、どういうアプリなのかご紹介していきたいと思います!

 

GoArtってどんなアプリ?

簡単に言うと、自分の撮った写真をアート作品のように加工することができるアプリですね。

こんな写真が・・・

 

こんな感じになっちゃいます!

ダンボーさんがしわしわになりました!(; ・`д・´)

 

使い方はどんな感じ?

使い方自体はシンプルです。順に追っていきましょう!

アプリを起動するとこんな画面が出ます。

「CAMERA」をタップするとカメラが起動し、「ALBUM」をタップすると加工する写真の選択画面が表示されます。

今回は「ALBUM」を選んで写真を選びます。

 

今回のモデルはやっぱりダンボーさんにお願いしました。

 

画像選択したら次はエフェクトを選んでいきます。

画面下の一覧から好きなものを選びましょう。

 

エフェクトを選ぶと処理が実行されます。

処理が終わる時間はエフェクトの種類によるのですが、大体10~60秒程度でした。

また、処理が終わるまでの間、偉人の名言がどんどん流れてきますので暇つぶしにどうぞ(でも英語なんだよなあw)

 

処理が終わりました!

ここでエフェクトの強さも変更することができます。

次は赤丸のところをタップして保存をしましょう。

 

保存するには「SAVE」をタップしましょう。

また、Facebookなどに作った写真をシェアすることもできますよ。

 

「Saved succesflly!」と表示されたら保存完了です!お疲れさまでした!!

 

使えるエフェクトの種類

スポンサーリンク

インストールしてすぐに使えるエフェクトは33種類(2017/3/7現在)確認しております。

なかにはこんな感じで浮世絵風味なエフェクトもあってなかなか個性的な写真を作れます。

波乗りしてるダンボーさんにも見えますねw

有料になっているエフェクトもあって、アプリ内で使えるコインを使って解禁できるみたいです。

エフェクトも随時追加されてるみたいですので今後も期待ですね!

 

まとめ

GoArtでは、

  • 簡単な操作で写真がアート作品っぽく仕上げることができる。
  • 使えるエフェクトも独特で、随時追加されている

といったところでしょうか。

複雑な操作をしなくとも簡単にアートっぽい作品にできますし、それにSNSのアイコン用に作るのもインパクトあって面白いかなと思います!

また使ってみて「うーん。。。」と思うところもあります。

  • 表示が全部英語(近日中に日本語対応予定とのこと)
  • 複数のエフェクトを同時適用できるようにしたら面白くなりそう
  • トリミングや、明暗調整などの基本的な画像加工機能も付けてほしい

ここまでできるようになったらかなり使えるツールに進化するんじゃない?って思いますし、今後に期待したいですね。

 

では、今回はこの辺で。ここまで見てくれたあなた様に感謝、なのです!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA