次世代のスマホ音楽のカタチ、SONOCA

スポンサーリンク

どうも、ソラトラボ所長のソラリスですよ!

皆さんは「SONOCA」って知ってますか?

 

今は同人音楽界隈あたりでちらほら使われている程度であまり普及していないのですが、

今後スマホで音楽を聴くときの大きな味方になるんじゃないかなーと

私自身がひそかに期待している新しい音楽のカタチなんです。

 

今回はそのSONOCAについてご紹介したいと思います!

 

SONOCAって?

SONOCAというのは、あの「初音ミク」を開発したクリプトン・フューチャー・メディアから提供されている

カード型の音楽メディアです。

カードを購入すると、専用アプリ「SONOCA Player」を使って、

カードの裏面に記載してあるシリアルコードを入力するだけで楽曲をダウンロードできます。

もちろんAndroid/iOSともに対応していますよ!

 

モノとしてのコレクション性もある

よく音楽のダウンロードだと「パッケージが無いから寂しい」という声を聞きますが、

SONOCAはカードの表面にこんな感じでアートワークが印刷されています。

実質ジャケット絵のようなものですし「実物を持っている」感も味わえるのではないでしょうか。

 

ダウンロードファイルの形式

ファイル形式:MP3(320kbps)、FLAC(ハイレゾ音質)

ファイル容量:最大700MB(ハイレゾでの配信の場合は最大3GB)

 

SONOCAはクリエイターの味方

スポンサーリンク

クリエイターなら誰でも作れる

SONOCAの公式ページからクリエイター登録をするだけで、

誰でもSONOCAを使って音楽メディアを作ることができます。

CDのプレス会社などに依頼する必要は全くありません。

 

CDのようにかさばらない

コミケなどの同人即売会でCD販売をするとき、

商品のCDはどうしても大荷物になって搬入も大変です。

でもSONOCAならモノはカードなので持ち運びも楽になります!

 

制作コストが安い

CD販売するときのコストは手作りでコツコツと作った場合、

安くても100枚あたり約12000円程掛かると言われています(料金だけではなくプラス物凄い手間と時間も掛かります)。

市販のCDと同クラスのものを作ろうとした場合、

業者に発注しなければいけないのでめっちゃ高くなります(56000円以上はするみたいですね・・・w)

 

一方、SONOCAの場合は現在、100枚あたり9,800円で作ることができ、かなりのコスト削減になることが分かります。

販売価格を1枚200円としても利益がでる計算ですね。

100枚あたり9800円というのはオープン記念の期間限定割引のようで、通常価格は100枚あたり14800円とのことです。

 

SONOCAで新たな音楽に出会えるかも!

クリエイターにとってSONOCAは導入しやすいメディアと言えるでしょう。

クリエイターに優しいということはそれだけ新規で入ってくる人も増えやすくなり、

特にボーカロイドで作曲している人にとっては相性がいいので曲数も多いです。

 

アマチュアで活動している人たちの音楽はメジャー音楽と違った刺激と魅力があり、とっても面白いです!

その人たちの魅力的な音楽に出会いやすいのもSONOCAの特徴とも言えるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私はもともとボーカロイドミュージックが好きで、だいたい8,9年くらい前から聴いているのですが、

王道なロックやポップスをはじめ、EDM、テクノ、中には演歌もあるほど多くのジャンルの音楽があります。

 

ボーカロイドだけではなく、アマチュアの人が作る音楽にもとてつもない名作があります。

その人たちの音楽がSONOCAという媒体を使って多くの人たちに届くようになったら素敵だなと感じます。

SONOCAにはそれほどのポテンシャルが秘められているように思うのですよね。

 

今後に期待したいですね!

 

では、ここまで見てくれたあなた様に感謝、なのです!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA