スマホ音楽をBluetooth機器で聴くと音質低下するのか?

スポンサーリンク

ども!ソラトラボ所長のソラリスです!

スマホで音楽を聴くときにBluetooth使ってますか?

 

「音質悪くなるっていうし使ってない」

という方もいらっしゃると思います。

 

けど、実際のところ本当に音質は悪くなるのか?

Bluetoothの「今」について調べてみました!

 

数年前までは「Bluetoothは音質は悪くなる」は正解だった

Bluetoothが世に出回った直後からしばらくの間は、確かに音質は悪かったです。

下手したら100円ショップのイヤホンクラスに音がひどいものもありました。

それなのにイヤホンの値段は高めで手を出しづらい状況が続いていました。

 

2017年現在では「必ずしも悪くなるとは言えない」になった

しかし最近ではBluetoothの性能が飛躍的に成長していき、

普通のイヤホンとほぼ遜色ないものも発売されてきています。

 

Bluetoothと一口に言っても様々な通信方式があります。

スマートフォンからBluetoothイヤホンに転送される音声データはなかなかのデータ量があり、

そのままのデータではまともに使うことができません。

 

そこでデータを圧縮してデータ通信を行うことでBluetooth通信が成立しています。

この圧縮方式(コーデック)が質のいいBluetoothイヤホンを見分けるポイントのひとつになるのです。

 

圧縮方式が熟成してきたことによって最近のBluetooth機器は性能が飛躍的にアップし、

今ではハイレゾ音源にも耐えうるBluetoothイヤホンも販売されています。

 

とはいうものの、中には音質の悪いBluetoothイヤホンはありますが、

100円ショップクラスのイヤホンレベルというものは無くなったんじゃないかな?

 

どういうBluetooth機器を選べばいい?

スポンサーリンク

まず、BluetoothイヤホンとスマホのBluetoothのコーデックを見ましょう。

コーデックがaptX HDLDACとあるものはまず間違いなく高音質です(値段はかなり高いです・・・)。

次点でaptXAACとあるものも質がいいです(ハイレゾ音源にもギリ耐えられます)。

 

そして、これらのコーデックに対応している機器を揃えなければなりません。

 

つまり、LDACのコーデックのBluetoothを使おうとしているのなら

スマホ側もLDACに対応しているものを使わなければ高音質に聴くことができません。

LDAC⇔aptX HDという組み合わせをした場合、それぞれが対応してないため

別のコーデック(aptXやSBCなど)で通信することになり低音質になります。

 

ちなみにLDACのコーデックはソニー独自の規格ですので、

LDACのBluetoothイヤホンとスマホはソニーで統一する必要があります。

 

おすすめスマホ&イヤホン(ヘッドフォン)

スマートフォン

GRANBEAT – オンキヨー

  • 対応高音質コーデック aptX HD

おすすめ機種の筆頭はオーディオ特化型スマートフォンの「GRANBEAT」です。

老舗のオーディオメーカー、オンキヨーが作るスマホだけあってオーディオ性能は別格です!

音楽特化スマホ『GRANBEAT』ってどんな機種?

2017.03.27

Xperia XZ – ソニー

  • 対応高音質コーデック LDAC

次点でXperia XZです。ソニー製のスマートフォンということもあって

LDACのコーデックに対応しており、同じソニー製のイヤホンと相性がいいです。

Xperiaの音楽プレイヤーアプリも高性能で、

有料アプリ以上の性能を持っているのでなかなかのおすすめです!

 

Zenfone3 – ASUS

  • 対応コーデック aptX

格安スマホの中で音質重視で選ぶならZenfone3がおすすめですね。

一番高音質のコーデックには対応していませんが、比較的高音質であるaptXには対応しています!

上記2機種には敵いませんがコストパフォーマンスで選ぶならありかと。

 

イヤホン/ヘッドフォン

SONY ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT

 

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT(Amazonへ)
  • 対応高音質コーデック LDAC

LDACに対応しているソニーのスマホにあわせるならこれ!

お値段はちょっと張りますがそれに見合うだけのパフォーマンスを見せてくれます。

 

オーディオテクニカ ワイヤレスヘッドホン ATH-DSR7BT

 

 

オーディオテクニカ ハイレゾ対応ヘッドホンaudio-technica ワイヤレスヘッドホン ATH-DSR7BT(Amazonへ)
  • 対応高音質コーデック aptX、aptX HD

aptX HD対応のスマホに合わせるならこのヘッドフォンですね。

aptX HDだけではなく下位互換であるaptXにも対応しているのでとりあえずひとつ持っておいてもいいかもです!

…しかし、値段が高いw

 

QCY QY8

 

QCY QY8(Amaonへ)
  • 対応高音質コーデック aptX

安価に適度に高音質なBluetoothイヤホンをお求めならこれ!

この記事を作っている頃の値段は2000円台とかなり安いです。

スポーツタイプのイヤホンとなってて外れにくく、

さらに防水機能も付いてて使う場所を選びません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

初心者でもいいBluetoothイヤホンを見分けるポイントはコーデックにあります。

aptX HD、LDACまたはaptX、AACであること。これをまず見ましょう。

 

より自分にあったイヤホンを探したい方は実際に試聴してみることをオススメします。

イヤホンやヘッドフォンは個人の好みの差が大きく、

一概に「このイヤホンはいいイヤホンだ!」とは断言できません。

 

安いものは試聴できることは少ないのですが、

値段の高いイヤホンは試聴できることが多いので、

試聴ができるのなら必ず試聴してから買いましょうね。

 

ここまで見てくれたあなた様に感謝、なのです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA