スマホ依存を克服する為のあなたと未来のあなたの10の約束

スポンサーリンク

 

ソラトラボ所長のソラリスですよーっと!

皆さんは「スマホ依存」という言葉をご存知ですか?

スマホ依存から抜け出さなきゃ・・・と思ってもなかなかハードルが高いものです。

 

今回はスマホ依存はどうすれば克服できるのか、その方法について考えてみました!

 

スマホ依存の基準ってあるの?

スマホ依存は病気ではないのでハッキリとした基準はありません。

いろんなサイトでスマホ依存の診断ができますけど、目安はサイトによってバラバラです。

そこで「スマホ依存です」となっても目安程度に捉えてくださいね。

 

自分がスマホ依存かチェックしてみよう

目安程度でもチェックしてみたい!という方はこちら↓のサイト様でやってみるといいでしょう。

「スマホ依存度」チェック Doctors Me(ドクターズミー)

 

・・・え?私?

「スマホ依存の傾向があります」って言われたよっ!( ;∀;)

私もスマホ依存から抜け出すために真剣に考えなきゃいけないなあ・・・。

 

スマホに依存してしまう原因とは?

スマホに依存してしまう大きな原因は

「LINE(SNS)」と「スマホゲーム」の2つが挙げられます(細かく見ていくとそれだけではないのでしょうけど)。

 

LINE(SNS)

SNSの中でも特にLINEはスマホ依存に引き込みやすいSNSでしょう。

理由としては、交流するグループがほとんどがリアルの人間関係から成り立っているからだと考えます。

 

というのも、

LINEは友人関係の維持に必須のツールになってしまっていることがマズイです。

 

友人関係を維持するために「既読スルーは絶対にしちゃいけない」とか

仲間はずれにされたくないからこまめに確認しなきゃ」といった強迫性や同調圧力が出てくるのです。

 

そこからイジメなどの問題に発生しないとは言いきれませんし、

自己防衛のためにLINEに張り付かなきゃいけないというところから依存になってしまうケースがあります。

 

それから、手軽ゆえに依存も起こりやすいということもあるでしょう。

勉強中にLINEの通知が来た時、

「手軽が故についスマホに手を伸ばしてしまう」

ということが起こりやすいです。

この「つい」がキッカケで

いつの間にか長い間スマホを触っている

なんてことも起こりやすいのです。

 

スマホゲーム

スマホゲームは気軽にオンラインで多人数プレイできたり、

ガチャで強い射幸心を煽ったりするゲームが多く、強い依存性があります。

 

ガチャなどでレアアイテムをゲットさせるような射幸心を煽るゲームは、

最高ランクのものが手に入ったときの高揚感が癖になって、

どんどんプレイしたくなる衝動が抑えられなくなります。

 

その結果、多額の課金をしてしまったり、長い時間をゲームに費やしてしまうことになります。

ほぼギャンブル依存と同じような理由ですね。

 

スマホ依存から抜け出すための、あなたと未来のあなたの10の約束

スポンサーリンク

スマホ依存から抜け出したい!けど抜け出せない!という人は結構いるはずです。

けど、若い間の時間って人生の中でもとても大事な時間なのです。

 

勉強もそうだし、友達と過ごす時間も、自分自身と向き合う時間もどれも大事な時間です。

この時間の使い方が未来のあなたの幸せにとってめちゃめちゃ大事です!!

その貴重な時間という財産を無駄にしないために、

ここでスマホ依存から抜け出すために未来の貴方と10の約束をしましょう。

 

1.スマホを触る時間をしっかりと決めてください

この30分だけスマホを触るんだ!など明確に決めましょう。

時間を決めないと惰性的に長時間触っちゃいますし、

メリハリを付けましょうね!

 

2.スマホ依存対策のアプリを使ってください

スマホ依存が問題視されるようになってから対策アプリも出回ってきてるようです。

自分で決めた時間までスマホをロックするアプリから、

スマホを触らない時間に応じて魚が育ったリ、木が育ったリするユニークなアプリまで配信されています。

 

スマホをやめれば魚が育つ
スマホをやめれば魚が育つ
開発元:Takeshi Segawa
無料
posted with アプリーチ
スマホ依存タイマー
スマホ依存タイマー
無料
posted with アプリーチ

3.スマホの通知をオフにしてください

通知をオフにすることでLINEのメッセージを受信しても音が鳴らないので、

勉強中や他の事をやっているときにLINEが来ても気になることはありません。

 

4.寝るときはスマホの電源をオフにしてください

布団に入ってついついスマホを触りだして夜遅くまでスマホを弄ってたということはありませんか?

寝る前にスマホの画面を見ると眠りが浅くなってしまいますし、うつ病の原因にもなります。

電源を切ることでキャッシュも消すこともできるので、スマホにも身体にも優しいですよ♪

 

5.スマホを持ち歩くときはポケットではなくカバンに入れてください

スマホがポケットに入ってるとつい気になって触りたくなることもあります。ついつい歩きスマホしてしまう人なんかはやってみてくださいね。

 

6.夜の1時間だけでも「自分ひとりのための時間」を作ってください

どんなことでもいいので1時間スマホから完全に離れる時間を作ってみてください。趣味でも勉強でもいいですよ!

 

7.本当に一緒にいたい友達とだけLINEで繋がってください

多くの人とLINEで繋がるとそれだけLINEに時間が奪われてしまいます。

本当に仲がいい友達とだけLINEでやりとりをした方が精神衛生上いいですよ。

 

8.スマホから離れることを友達や家族に宣言してみてください

目標は誰かに宣言することで達成しやすくなります。

宣言することで周りから見られているというプレッシャーから

途中で投げ出しづらくなるので、スマホ依存克服の原動力になってくれます。

 

9.面白そうだと思ったことは片っ端からやってみてください

というのもいろんなことをやってみて

心の底から「楽しい」と思えるものに出会ってください。

そういった「楽しい」ものが一生の趣味になることもありますし、

やることないからスマホ弄ろうという流れになりづらくなります。

 

10.疲れたらいろんなことを考える前にLINEから離れてください

LINEだけじゃなくSNSでのトラブルに巻き込まれたときは、一旦SNSから離れてみましょう。

しばらく離れて気持ちを整理して、戻りたくなったら戻ればいいですよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

スマホ依存から抜け出すには

「いかにスマホから離れるか」と「打ち込めるものを見つける」

というのが大事です。

 

 

最初のうちはスマホから離れることが難しく感じるでしょう。

しかし、それは自然なことです。

最初からうまく行くなら依存にはなってませんからねw

 

うまくいかなかったから「自分はダメな人だ・・・」と思う必要はなく、

ちょっとずつでも確実に進めていくことが大事です。

気長にコツコツと10の約束をやっていけば大丈夫ですよ!

 

では今回はこの辺で。

ここまで見てくれたあなた様に感謝、なのです。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!