折りたたみ2画面スマホ「Axon M」ドコモで発売!…本当に買うべき?

ZTEから折りたたみ式2画面Androidスマホ

Axon M」をドコモから発売することを発表しました。

今までいくつもの折り畳みスマホが発表されましたが、

Axon Mは買うべきなのか?

 

独自で考察してみました!

 

スポンサーリンク

 

ZTEから発売される折りたたみスマホ、「Axon M」ってどんな機種?

6.75インチの大画面スマホとしても使える折りたたみ式Android

Axon Mは折りたたみ式スマホとして使えますが、

5.2インチ 1920 x 1080の画面が2枚付いています。

 

これをひとつの画面として使うことができるので、

6.75インチの大画面スマホとして使うことができます。

 

大画面スマホは持ち運びに不便でしたが、

折りたたむことでポケットにも収まるサイズになりますので

持ち運びが楽になりますね。

 

2枚のディスプレイによってマルチタスク機能が使いやすくなる

おそらく使っている人はあまりいないであろう「マルチタスク機能」ですが、

今まではひとつの画面を2分割して使わざるを得ませんでした。

 

これ、画面が小さくなって操作しにくくなるし、

イマイチ使えない機能なんですよね(;・∀・)

 

しかし、Axon Mでは2枚の画面を活かして

一方の画面では動画を流して

もう一方ではLINEのメッセージで会話…

なんていうスタイルが可能になります。

 

楽しみ方の幅が広くなりますね!

スマホの利用時間が増えてスマホ依存が加速しないかと不安ですが…w

 

2つの画面に同じものを表示させる「ミラーモード」を搭載

2つの画面に同じ画面を表示させる

ミラーモード」という機能が付いています。

 

例えばミラーモードを使って動画を再生させます。

その状態でスマホを山形に置いて自立させることで

向かい合わせに座っている相手と同じ動画を見やすいポジションで楽しめる!

なんて感じに使えます。

 

他の使い方はちょっと思い浮かびませんが

このミラーモードを利用したアプリなんかが出たら

ちょっと面白そうかも(^^♪

 

カメラがひとつしか付いていない…。でもバッチリ自撮りもできる!

スマホカメラのインカメラを使って自撮りする人も多いですよね。

でも、Axon Mはインカメラがないんです…!!

 

これじゃ自撮りできないお…(´・ω・`)

…なんて心配は2つの画面があるので問題ないですよ!

 

通常の撮影ではスマホを折りたたみ

カメラと反対の画面を見ながら撮影。

 

自撮りの場合は画面を開いた状態か

カメラがある側を手前に折り返して撮影します。

 

スマホを折りたたみ式にすることで

カメラを2つ搭載する必要が無くなったって感じですね。

 

それどころか性能の高いメインカメラで自撮りができるので

実質自撮り性能が向上したってことになります!

 

地味にカメラ性能もいい?

搭載カメラをひとつに絞れたことで

カメラの質もなかなかのものになると期待しています。

 

現時点(2017/10/18)で公開されている情報では

20Mピクセル f/1.8 裏面照射型CMOSセンサのカメラを搭載するとのこと。

詳しい情報公開日が楽しみです!

 

実は、折りたたみスマホは過去にも発売されているんです

知っている方はあまり少ないと思いますが、

過去にも折りたたみ式スマホは発売されています。

 

悲しいことにあまり話題にはなりませんでした…(´・ω・`)

そんな不遇な折りたたみ式の過去機種の一部をご紹介。

 

AQUOS K(AQUOSケータイ)

折りたたみスマホ…とは言えないんですけど

ガラケー×スマホの「ガラホ」としてプッシュされた機種です。

ガラケーの操作感でいて、アプリのインストールもでき

スマホとガラケーのいいとこどりした機種で

話題になるかと思われました。

 

しかし、アプリはインストールできるものの、

正常に動作しないアプリも数多くあり、

結果としてあまり人気にはならなかった機種です。

 

MEDIAS W

2013年にNECから発売された

「MEDIAS W」も折りたたみ式スマホですね。

 

どうでしょう?

見た目はAxon Mと同じような感じですよね!

 

時代が早すぎたのか、

当時はどちらかというとイロモノ扱いされてしまい

一部で話題にはなりましたが

そこまで人気にはなれませんでした。

そしてNECはスマホ事業から撤退に…

 

Mode1 RETRO

こちらの「Mode1 RETRO」は過去機種というわけではなく、

ピーアップが2017/9/25に発売したSIMフリースマホで

AQUOS Kと同じ「ガラホ」タイプのスマホです。

 

OSはAndroidスマートフォンとほぼ同じということで、

Google Playからのアプリ追加やGoogleアシスタントにも対応しています。

それに値段も2万円とかなり安いのも魅力の格安スマホ(?)です。

 

とはいうものの、

スマホかと言われるとちょっと違う感じですよね…。

 

スポンサーリンク

 

果たして「Axon M」は買うべき?

Axon Mは折りたたみ式スマホで、

なんとなく新しいように感じますよね。

 

でも先程紹介したように折りたたみ式のスマホは

過去にもいくつかリリースしています。

 

果たして本当に買うべき??

 

いい点・心配な点をピックアップして

本当に買うべきなのか考えてみましょう。

 

まずはいいところから。

 

Axon Mのいいところ

Android7.0がマルチタスクに対応したことで、2画面スマホが活きてくる

Android7.0で同画面上で2つのアプリが操作できる

マルチタスク機能が追加されました。

 

しかし、ひとつの画面しか持たないスマホでは

画面を半分に分割して2つのアプリを操作することになり

非常に使いづらいものでした。

 

これを2画面搭載のAxon Mだと

1画面に付きひとつずつのアプリ画面を表示でき、

ストレスなくマルチタスク機能を使うことができます。

 

ある意味、Axon Mのような折りたたみ2画面スマホで

ようやくAndroid7の真価が発揮されるといった感じかもです。

 

2画面をひとつの画面として使うことで動画・ゲームを大画面で楽しめる

マルチタスクだけではなく、

2画面を1つの大画面として使うことができ、

動画やゲームなどを大画面で楽しむことができます。

 

特にゲームは大きい画面の方が操作しやすいですし、

スマホゲームをよくプレイする方は

Axon Mを選択肢のひとつとして考えても

いいかもしれませんね。

 

スマホで大画面とされるGalaxy Note8は約6.3インチですし、

6.75インチの画面サイズを誇るAxon M

1,2位を競うほどの大きさを持つスマホと言えます。

 

画面に傷・ヒビが入りづらくなる

スマホって知らないうちに画面に細かい傷が付いてたりしますよね。

でも、Axon Mは画面を折りたためるので画面を守ることができます。

すなわち画面に傷つきにくくなります

 

また、ついスマホを落としてしまったときにも

割れやすい液晶画面を守ってくれるので

普通のスマホよりもひび割れを引き起こす可能性は低くなります。

 

 

2017/11/9 追記

Axon Mは画面が外側になる方向にしか折りたためないようです。
つまり、特に画面が傷付きづらいとは言えないことが分かりました。
スマホカバーを付けるにしても専用のものを準備する必要がありますね。

つい、折りたたみ式だから画面が内側に折りたためるだろうと勘違いしておりました…(汗)
コメントでご指摘いただいた方、情報提供ありがとうございます!
そして、すみませんでした!

しかし、傷が付きにくいゴリラグラス5を採用しており、
そこまで気にする必要はないかと思われます。
(ただ、コンクリートに落としたり等の
強い衝撃を与えたときに「目に見えない傷」が入ることもあり、
そこからひび割れに発展することもあります。
いくら傷に強いといっても万能ということではありませんので
扱いには注意が必要です。)

 

Axon Mのちょっと心配なところ

電池持ちがちょっと不安

画面が2枚あるということは、

バッテリーの減りも2倍!

…とまではいかないでしょうけど

電池持ちはそこまで良くないのでは?」と疑ってしまいます。

 

同世代のスマホと同程度の動作時間とまでは難しいかもですが

どれだけバッテリーが持つかはちょっと気になっちゃいます。

 

非対応アプリが出てくるのでは?

もっとも多く使われるアプリ100本のうち80本はすでに最適化済みで、

Google Maps や YouTube、Goodle Docs、Facebook や

Twitter 、Chrome など多くのアプリは問題なく使えるとのことです。

 

しかし、

メジャーなアプリは動くけど、マイナーなアプリは動くの?

という心配も出てきます。

 

これは実際に試してみないと分からない問題ですし、

買う側からしたら大きな不安要素です。

 

画面のヒビ割れや傷が付きやすいのでは?(※2017/11/9追記)

ヒビ割れや傷が付きにくいゴリラガラス5を採用しているとはいえ、

他のスマホと比べるとうっかりスマホを落としてしまった時に

画面割れなどのリスクは高くなってしまいます。

 

そのため、Axon Mを使うときは

ヒビ割れ対策用のフィルムやカバー、落下防止対策が必須になりそうです。

 

来年以降のスマホは「折りたたみ式」が増える可能性が高い

いい点、心配な点をいろいろと述べていきましたが、

2018年発売のスマホからはAxon Mのような折りたたみ式スマホが

ちらほら出てくる可能性が高くなっています。

 

というのも、サムスンモバイル社長からは

曲げられるディスプレイで継ぎ目のない二つ折りGalaxy Note

早ければ2018年発売すると予告していますし、

AppleもLGと組んで折りたたみ式の新型大画面iPhoneを研究しているとの噂もあります。

 

これに追従していろんなメーカーが

折りたたみ式スマホを開発する可能性も

低くないんじゃないかなーと私は考えています。

 

いち早く折りたたみスマホにしたら友達にドヤ顔できるかも?

折りたたみ式のiPhoneが出るかもしれないなら、Axon Mは見送っちゃおーっと。

と思う人もいるでしょう。

でもでも、よく考えてみてください。

 

いち早く折りたたみ式スマホを使っていたら…

友達から「なんぞそれ!?」って注目を浴びるかもしれません!

 

ドヤ顔で自慢もできちゃうかもしれません!!

 

気になるあの子とお話しするキッカケにもゲフンゲフン

※超個人的な意見です。

 

それに、しばらく経って

折りたたみ式iPhoneが出たとしたら、

それを「ふーん、今更折りたたみって遅いよなー」と

高みからほくそ笑むことだってできるっ!!

 

優越感…

うーん、実に美味である!( *´艸`)

※繰り返しますが超個人的な意見です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:Axon Mは充分期待できる!…けど、もうちょっと様子を見た方がいい

いかがだったでしょうか。

 

いい面も問題になりそうな面も両方ありますが、

スマホの使い方が工夫次第でかなり変わるでしょうし、

十分に魅力的なスマホであることには違いありません!

 

高性能なスマホ。デザインがいいスマホ。

たくさんのスマホが発売されてます。

 

私も新作スマホのレビューをいろいろとしていますが、

正直そのほとんどが「凄く斬新!」というものが

全然発売されないんです!

 

そういう保守的なところが

最近のスマホ業界の問題(特に日本メーカー)じゃないの?

って感じてたりします。

 

でも、こんなAxon Mのような変わり種機種が出ると

どんな機種なのか気になりますし、ワクワクしませんか?

 

そういうハッキリと「凄そう!」と感じる機種がどんどん出てくると

買う側も判断しやすくなりますし、売上も上がりそうなのになー…

って思う今日この頃の私です。

 

これから面白い機種が発表されるのを楽しみにしたいですね!

 

他の機種のレビュー記事をもっと読みたい方は

↓のリンクからレビュー記事一覧に飛びますので

どうぞこちらもお楽しみください♪

ソラリスの機種レビュー記事まとめ

 

では、貴方のスマホライフに幸多からんことを。


元スマホデバッガーのソラリスの
おすすめアプリ紹介&アプリレビュー!

ゲームや音楽アプリ、写真、便利な各種ツール系…などなどソラリスが実際に使ってみて「これ面白い!」「こりゃ便利!」と感じたアプリのレビューや紹介記事の一覧はこちらから!


2 件のコメント

  • 画面に傷・ヒビが入りづらくなるとありますが公開動画を見る限りヒンジは谷折りではなく山折り、すなわち両液晶パネルが露出する方向にしか折り畳めないようです

    • コメントありがとうございます。

      私も動画を確認しましたが、
      確かに画面が外側になる方向にしか折りたためないようですね。

      私の勘違いでした。
      情報共有ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA