iPhone8とXの新機能や価格は?それぞれの特徴を分かりやすく解説!

スポンサーリンク

 

iPhoneの新しいモデル、

iPhone8iPhone Xが発表されました!

 

元スマホアプリデバッガーの私が

新しく追加された機能やスペック、デザインなどをまとめ&レビューをしてみました。

また、同世代のハイスペックAndroidとどっちを選ぶべきか、

本当に「買い」なのかを考えていきます。

 

iPhone 8/Xの特徴・新機能・デザイン

iPhone 8(Plus)

デザイン面

iPhone 8

iPhone 8 Plus

 

iPhone8は前機種のiPhone7と

さほど大きく変わっていません。

 

カラーバリエーションは

“ゴールド”、”シルバー”、”スペースグレイ”

3種類です。

 

また、iPhone8とPlusでもデザインの差はありませんが、

画面のサイズが異なっています。

  • iPhone8    :138.4mm × 67.3mm
  • iPhone8 Plus      :158.4mm × 78.1mm

 

ワイヤレス充電に対応

今までは充電する際にLightningケーブル等を接続して充電する方式でしたが、

iPhone8/Xではケーブル経由の充電と

専用マットに置くだけで充電できる

ワイヤレス充に対応しています。

 

ちなみにワイヤレス充電するためのマットは

別売りとなっているので

使いたいときは別途購入する必要があります。

(Apple純正のワイヤレス充電マットの定価は6980円+税とのこと)

 

デュアルカメラ搭載((iPhone8 Plus・iPhone Xのみ対応))

iPhone8は未搭載ですが、

iPhone 8 PlusとiPhone Xのカメラはデュアルカメラを搭載しています。

デュアルレンズ搭載スマホカメラのメリットは?対応スマホを比較!

2017.07.31

 

デュアルカメラの構成は

広角カメラ+光学ズーム対応望遠カメラ

とのことです。

 

光学ズームとデジタルズームを組み合わせることによって、

最大10倍のズーム撮影が可能に。

そして、一眼レフカメラで撮影したような

背景をぼかした写真がより撮影しやすくなります。

 

また、公式の発表では言われていませんが、

光学ズームのみで撮影するとズーム時の画質劣化を防ぐことができます。

(光学ズームのズーム倍率は未発表)

 

高速充電に対応

有線での充電のみですが、

30分の充電で最大50%まで充電可能な高速充電に対応しています。

忙しくて時間がないけどスマホのバッテリーも尽きそう…

なんて時にも役立ちそうですね!

 

撮影機能が豊富

写真撮影に関する主な機能

  • ※ポートレートモード⇒ 背景の「ぼかし」を使った写真が撮りやすくなる
  • スローシンクロ機能 ⇒ シャッタースピードを遅くし、かつストロボ発光時間を短くして撮影する機能

※ポートレートモードはiPhone8 Plus・iPhone Xのみ対応

 

動画撮影に関する主な機能

  • スーパースロー撮影
  • 4K動画撮影対応

 

写真・動画撮影にいろんな機能が備わって

「撮る」ことがもっと楽しくなりそうです。

 

防水・防塵対応

iPhone7と同様にiPhone8も防水防塵に対応しています。

そのため、うっかり水たまりに落とした時や水辺で使った時に

水没して故障の可能性が低くなりました。

 

でも、完全に防水防塵になっているわけではありませんのでご注意!

iPhone 8/ X の防沫性能、耐水性能、防塵性能はIP67等級とされています。

これがどんなものかというと、

「粉塵が内部に侵入しない、一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸かっても有害な影響がない」

というレベルになります。

 

つまりは、防塵面ではほぼほぼ気にしなくてもいいけど、

水は一定の深さで30分間静止状態なら大丈夫ということです。

完全に防水というわけではないんです。

防水機能が付いていないスマホが激しい雨で故障することはあるの?

2017.06.27

防水スマホでも防水ケースは必要!スマホをお風呂で使う時の注意点

2017.05.30

 

 

そのため水流が発生してしまうプールや

お風呂内等での使用は保証していないので

スマホが水没、最悪感電する可能性はゼロではないという意味なのです。

 

実際にiPhoneをはじめ多くの防水スマホの製造メーカーは

水によって故障しても補償しないというスタンスを取っています。

 

防水機能があるからといって、

使い続けるうちに経年劣化による防水性能も起きますし

防水性能を信頼し過ぎないほうがいいということですね。

 

iPhone X

iPhone XはiPhone 8 Plusの持つ機能を全て踏まえ、

さらに以下の特徴を持っています。

 

“超”ベゼルレスなスマホ

もはやベゼルが全くないと言ってもいいほどのデザインで、

とても画面が大きく見えるようになりました。

 

動画視聴はもちろん、VRに使用する際も

高い没入感を味わうことができます。

 

ここまでベゼルレスなスマホは見かけませんし、

他のスマホにはない独特なデザインでなかなか衝撃的です。

ベゼルレスってどういう意味?今後はベゼルレスなスマホが流行るかも

2017.06.01

 

カラーバリエーションは

“シルバー”と”スペースグレイ”の2種類です。

 

ホームボタンが撤廃

超ベゼルレス化でスマホ全体がほぼ画面になったため、

今まで本体下部にあったホームボタンが無くなりました。

そのため従来のiPhoneと若干操作方法が変更になっているものがあります。

操作方法が主に変わったものは次の通りです。

  • ホーム画面へ ⇒ 画面の一番下から一回スワイプ
  • タスク切り替え ⇒ 画面を一番下から上にスワイプして止める
  • コントロールセンター表示 ⇒ 画面を一番上から下にスワイプする
  • Siri ⇒ サイドボタン長押し
  • Apple Pay ⇒ サイドボタンをダブルクリック

 

使用者の”顔”がパスワードになる「Face ID」

iPhone Xでは事前に所有者の”顔”を登録することで、

自分の顔をパスワードとして用いることができます。

スマホのロック解除や各種支払い、Apple Payなども

この顔を認識して本人確認をするような形にできます。

 

パスワードやパターンロックだと

偶然分かってしまったり、知られてしまう可能性がありますから

よりセキュリティが強化されたという形ですね。

 

5.8インチのHDRディスプレイ搭載で画面の発色が更に鮮やかに

HDRディスプレイを使用しているので

iPhone8と比べても発色が鮮やかに描画されます。

また、画面サイズも5.8インチととても大きいもので

動画視聴もVRもより高い質のものが味わえるようになりました。

 

iPhone8/Xのスペックは?

iPhone8

サイズ(縦×横×厚さ) 138.4mm × 67.3mm × 7.3mm
カラーバリエーション ゴールド、シルバー、スペースグレイ
ディスプレイ Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
チップ(CPU/GPU) 64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
保存容量 64GB、256GB
連続駆動時間 最大14時間(連続音声通話時間)
リアカメラ(メインカメラ) 12MPカメラ、F値1.8、最大デジタルズーム倍率:5倍
リアカメラ(サブカメラ) なし
フロントカメラ 7MPカメラ、F値2.2
その他機能 指紋認証センサー、4Kビデオ撮影、防水防塵、ワイヤレス充電、高速充電、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、Apple Pay対応

 

 

iPhone8 Plus

サイズ(縦×横×厚さ) 158.4mm × 78.1mm × 7.5mm
カラーバリエーション ゴールド、シルバー、スペースグレイ
ディスプレイ Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載5.5インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi
チップ(CPU/GPU) 64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
保存容量 64GB、256GB
連続駆動時間 最大14時間(連続音声通話時間)
リアカメラ(メインカメラ) 12MP広角カメラ、F値:1.8、最大デジタルズーム倍率(メインカメラ・サブカメラ併用):10倍、ポートレートモード対応、クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
リアカメラ(サブカメラ) 12MP望遠カメラ、F値2.8
フロントカメラ 7MPカメラ、F値2.2
その他機能 指紋認証センサー、4Kビデオ撮影、防水防塵、ワイヤレス充電、高速充電、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、Apple Pay対応

 

 

iPhone X

サイズ(縦×横×厚さ) 143.6mm × 70.9mm × 7.7mm
カラーバリエーション  シルバー、スペースグレイ
ディスプレイ Super Retina HDディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ
HDRディスプレイ、2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi
チップ(CPU/GPU) 64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
保存容量 64GB、256GB
連続駆動時間 最大21時間(連続音声通話時間)
リアカメラ(メインカメラ) 12MP広角カメラ、F値:1.8、ズーム倍率:10倍(デジタルズームと光学ズームの併用)、ポートレートモード対応、クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
リアカメラ(サブカメラ) 12MP望遠カメラ、F値:2.4
フロントカメラ 7MPカメラ、F値2.2、ポートレートモード対応
その他機能 Face ID(顔認証)対応、4Kビデオ撮影、防水防塵、ワイヤレス充電、高速充電、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、Apple Pay対応

 

スポンサーリンク

 

iPhone8/Xか同時期に発売されたAndroid、どっちを選ぶべき?

iPhone8/Xに追加された新機能は従来のAndroidに搭載されているものが多い

ワイヤレス充電や顔認証によるセキュリティ、デュアルカメラ等は

実は一部機種のAndroidに搭載されていたものだったりもします。

  • 顔認証や虹彩(Iris)認証が搭載されているAndroid一例:Galaxy S8/S8+
  • ワイヤレス充電:Galaxy S7 edge、AQUOS PHONE ZETA、TORQUE G02、ARROWS Kiss…他多数
  • デュアルカメラ:2017年発売スマホのほとんど

 

iPhoneは様々な機能が平均的高水準、Androidはそれぞれの機能に特化したものが多い

大まかに言うと、

iPhone8/Xは処理性能、カメラ、画面の綺麗さなど全体的な性能が満遍なく高水準

 

一方、AndroidはTORQUE G03だったら耐衝撃・耐水性能などが抜群に高かったり、

ZenFone 4 ProやGalaxy S8だったらカメラ性能にかなり強い

GRANBEATは音響面がとても優秀…

といったようにひとつの分野に特化させたものが多いように感じます。

 

例えば「私はスマホでガッツリ写真を撮りたい!他の機能はある程度でいい!」

という人がいたらおそらくカメラ機能に特化したAndroidを買った方が満足するでしょう。

 

「特に性能にこだわっていないけど、高性能で使いやすいスマホを使いたい」

という方はiPhone系がオススメですね。

 

ですので、一概にiPhone 8やiPhone Xがいい!

とかXperia XZ Premiamがいい!

とは言えないのです。

 

大切なのは、

スマホの機能に何を求めるか

これを考えることが後悔しないスマホの選び方だと

私は考えています。

 

現iPhoneユーザーで、買い替えを考えている人には迷わずオススメ

というのも、AndroidとiPhoneでは

使用感覚が大きく違ってくるのです。

 

例えば、

Androidはホームカスタマイズの自由度がかなり高いし、

iPhoneは大きくホームを変えられないけど分かりやすい…

という面がありますし、

 

スマホが故障したときの修理・補償が異なる場合があります。

 

また、アプリストアで配信されているアプリもそれぞれ異なってて、

Androidで使えないアプリ、iPhoneで使えないアプリ

などがどうしても出てきてしまいます。

 

ですので、Android⇒iPhone、iPhone⇒Androidに乗り換えたとき

ちょっと戸惑ってしまいますので、

スマホの扱いに自信がない方は使い慣れたものを選んだ方が無難です。

 

今iPhone使いの方は、

Androidに変えたいという強い要望がないなら

そのままiPhoneを使い続けることをお勧めします。

 

「AndroidとiPhone8、どっちを選ぶべき?」

という問いに対して詳しくこちら↓の記事で比較させていただきました!

是非参考にしてみてください♪

iPhone8/XとAndroid、どっちを買うべき?スペックを比較!

 

iPhone8/Xの発売キャリアは?

2017/9/13に発表された情報では、

大手キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)で発売が予定されています。

また、SIMフリー版も発売予定です。

 

iPhone8/Xの予約開始日と発売日、価格は?

予約開始日

  • iPhone 8/Plus :9月15日午後4時01分(日本時間)
  • iPhone X : 10月27日午後4時01分(日本時間)

(Apple公式ページを参照)

発売日

  • iPhone 8/Plus : 9月22日国内発売
  • iPhone X : 11月3日国内発売

(Apple公式ページを参照)

価格(税抜)

  • iPhone 8 :78,800円(64GB)、95,800円(256GB)
  • iPhone 8 Plus : 89,800円(64GB)、106,800円(256GB)
  • iPhone X : 112,800円(64GB)、129,800円(256GB)

(Apple公式ページを参照)

 

スポンサーリンク

まとめ

いかかでしょうか。

iPhone8/Plusは9/15に予約開始、22日発売と発表があり、

いつも通り発表から発売までの期間が短いですね(笑)

 

そしてiPhone Xは従来のiPhoneと大きく変わるデザインと機能が加わっており、

新鮮な気持ちで使えそうですね。

とても楽しみな機種だなと感じました。

 

ただ、ハイスペックが故に、

値段も高い!!(; ・`д・´)

 

分割払いで考えても、

iPhone 8(64GB)の24回払いで3283円(税抜)、48回払いで1642円(税抜)。

iPhone X(64GB)の24回払いで4700円(税抜)、48回払い2350円(税抜)。

大手キャリアだとここから割引やポイント支払い等で

もうちょっと安くはなるでしょうけど、

月々支払うスマホ使用料の総額は7,8000円前後くらいになるかなと私は予想しています。

 

それでもこれだけのスペックを持っていますし、

充分満足できる機種だと私は感じました!

 

特にiPhone Xは触ってて楽しそうだし、

壁紙をちょっと凝ればおしゃれなスマホに早変わりしそうで

面白そうな機種ですよね!!

 

また発売日に行列ができる店舗も出てくるんだろうな…(笑)

大手キャリアで働いているスタッフさんも忙しくなるでしょうし、

今月と来月の2か月、各方面でドタバタで大変になりそうです。

 

iPhone8とiPhone Xを買おうかお悩みの貴方の力になれたなら幸いです。

 

貴方のスマホライフに幸多からんことを。

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です