スマホを冷やす時に保冷剤?絶対やってはいけない冷却方法

 

 

スマホでゲームや動画を見ていると、

どんどんスマホが熱くなってきちゃいますよね。

 

スマホが熱くなる原因のほとんどがバッテリーなのですが、

バッテリーが高温になるとバッテリーの消費が激しくなったり

動作が鈍くなったりしてスマホのパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

急に冷やす方法として冷蔵庫に入れたり、

冷却材で冷やしたりするという話を

一部のヘビースマホゲーマーから時々耳にするのですが…

 

…すっごく危険です!

 

最悪、スマホが故障する可能性があります。

 

こんな感じで意外とやってしまいがちな、

やってはいけないNGなスマホの冷やし方について

ご紹介していきたいと思います。

 

自分もやっていないか、チェックしながら見ていってくださいね!

 

スポンサーリンク

絶対NG!間違ったスマホの冷やし方

保冷剤や氷をスマホに押し当てる

冒頭で紹介した保冷剤や氷を使ってスマホを冷やす行為NGです。

というのも急激に冷やすことによって

スマホ内部に結露が発生しやすくなります。

 

これによってバッテリーや回路がショートしてしまう可能性があるので

保冷剤や氷を使っての冷却は絶対にしないようにしましょう。

 

スマホを冷蔵庫・冷凍庫に入れる

保冷剤よりも冷却効果が強力なため、

冷蔵庫・冷凍庫を使うのはもちろんNGです。

 

結露が発生しやすいのはもちろん、

凍結やカビが発生することが考えられますので

これも避けるようにしましょう。

 

また、一時的ですが、

低温環境下にスマホを置いておくと

スマホの電源が急に落ちたり、電池持ちが悪くなったりなど

スマホが調子悪くなることもあります。

 

スマホ内の温度が元に戻れば動作も元通りになるのですが、

スマホに負荷をかけるのはできるだけ避けた方が賢明です。

 

冷えピタを貼る

じゃあ比較的冷却効果の低い冷えピタを使えばいいじゃない!

という声もあるかもしれませんが残念ながら冷えピタもNGです。

 

確かに保冷剤や冷蔵庫よりも冷やす効果は低いので

それらより結露は発生しづらいかもしれません。

 

しかし、条件がそろえば結露が発生する可能性は十分にあります。

 

基本的に結露は、

  • 外と中の気温差
  • 高湿度状態

という環境下だと発生しやすくなります。

 

場合によっては冷えピタを使っても大丈夫かもしれませんが、

使用する環境が変わってくると結露が起きてもおかしくはありません。

 

特に湿度の高い夏場は危険です。

 

また、冷えピタを貼ると、

若干べたべたしますのでその点でもあまりオススメできない方法です。。。

 

防水スマホを水に浸ける

防水スマホだから水を使えば水没も結露も怖くない!!

だから水に浸けて冷却じゃーー!!

…という行動も実はNGです。

 

防水スマホはスマホ外部からの水に対して、

水に触れてはいけないパーツを守るための構造です。

 

そして結露はスマホの奥深くでも発生してしまうものなので、

防水だろうとなかろうと関係なく水に浸けて冷却するのはアウトです。

 

また、不必要に防水スマホを水に付けてしまうと、

カビが発生しやすくなってしまうので

防水スマホであっても水に触れさせるのは避けておいた方がいいです。

 

スマホの正しい冷却方法って?

では、正しいスマホの冷却方法ってどうすればいいの??

リスクのないスマホの冷却方法について説明していきますね。

精密機器の冷却のキホンは「空冷」

スマホをはじめとする精密機器の冷却は基本的に空冷です。

外気を取り込んだり、ファン等で風を発生させて熱を逃がすということですね。

 

たまにパソコンなどで水冷で冷却するという例外もありますが、

短所も多いため、最近でも空冷で冷却するのがまだまだ主流です。

 

基本的にスマホから充電器を外して日陰に放置する

熱くなってしまったスマホを冷却するときは、

充電器を外した状態でスマホをしばらく日陰に放置する

という方法が効果的です。

 

充電している状態だと、

バッテリーが発熱してしまい、

冷却効率が悪くなってしまいますので

充電器は外しておくことをオススメします。

 

急いでスマホを冷却したいときの方法

できるだけ急いで冷やしてスマホを使いたい!!ということでしたら、

以下の方法を試してみてください

  • スマホから充電器を外す
  • スマホの電源を切る
  • スマホケースをしている場合は外す
  • 扇風機などを使ってスマホに冷風を当てて冷却をする

という感じでやってみてください。

 

扇風機を当てることによって

スマホ本体から熱が脱げやすくなるので

結果として冷却効率を上げることができます。

 

電源を切ったりケースを外すのも

熱を発生させにくく、そして逃げやすくするために有効なので

これも併せて行うことで効率よく冷却できます。

 

あると便利!スマホ冷却グッズ

冷却ファン

スマホの裏に装着するタイプの冷却ファンを使うと

なかなかの冷却効果が期待できます。

 

グリップが付いたタイプが多いので

ゲームプレイもしやすくなっていて

スマホゲーマーの方もおすすめな感じです。

 

中には充電機能が付いたファンもありますが、

充電しながらのゲームプレイや動画視聴はやめましょう。

 

スマホやバッテリーに高付加を掛けてしまう行為で

寿命を縮めてしまう可能性があります。

 

10円玉

知る人ぞ知る冷却ワザとして10円玉をスマホ本体に置くという方法もあります。

10円玉に使われている銅は熱伝導率の高い素材として知られていて、

これを熱の発生しやすいバッテリー部に置いておくと、

若干スマホが冷えやすくなります。

 

10円玉を本体裏に置いた上で扇風機の風を当てると、より効果的です。

スポンサーリンク

スマホを冷やしたいなら空冷以外しない!

スマホが熱くなって一刻も早く冷却をしたい場合であっても

保冷剤を使ったり、スマホを冷蔵庫・冷凍庫に入れるなど

急激に冷やす行為は故障のもとになるので

絶対にしないようにしましょう!

 

どんなに急いでいてもスマホの冷却は、

『空冷』が基本です!

 

充電ケーブルを抜いた状態で、

電源を切って放置するか、

扇風機の風に当てる方法が安全で効果的です。

 

スマホの電源を落として行うと、

なお冷えやすくなるので急いでいる時はやってみてくださいね!