スマホ画面の傷は歯磨き粉を使うだけではダメ!正しい傷の修復法

 

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!

スマホを長年使っていると細かい傷が付いてしまいますよね。

 

そんな細かい傷を取る方法をネットで探すと、

歯磨き粉を使う方法を見かけます。

 

えっと、実はこれ・・・。

歯磨き粉で磨くだけではマズいんです!!

ちょっとの軽い気持ちでやっちゃったら取り返しのつかないことにも・・・

 

スマホの傷の修復について考えてみます!

 

スマホを歯磨き粉で傷は取れるの?

歯磨き粉でスマホに付いた傷は取れるの?

また、使ってもいいものなの?

というところについてお話ししていきたいと思います!

 

確かに歯磨き粉で磨くと傷は取れる

歯磨き粉には研磨剤が入っており、これでスマホの表面を磨くと

細かいキズ程度だったら取れるのは確かです。

 

「細かい傷を修復することができる」

これに嘘はありません。

スポンサーリンク

 

しかし・・・

 

なぜ歯磨き粉で磨くと傷が消えるかを考えてみましょう。

 

スマホ本体は基本的に全面コーティング剤で覆われています。

本体の材質がそのまま露出しているわけではないんですね。

 

そのため、傷が付いているように見えるのは

本体というよりもコーティングされている部分に

傷が入っているといった方が正しいです。

 

つまり、歯磨き粉で磨くと傷が消えるのは

この傷ついたコーティング部分を削ぎ取っているからなのです。

 

ってことはつまり・・・

コーティングを落としてしまうと

身を守るものも何もない状態にスマホになってしまいます。

 

コーティングが剥がれた状態で使うのは避けた方がいい

コーティング剤を削ぎ落した状態で使い続けると、

どんなに大事に使っても必ず細かい傷は付いてしまいます。

 

この状態で傷が付いてしまうと

基本的にもう修復はできない状態になりますので、

手の施しようがなくなります。

 

スマホを長い間使い続けるのであれば、

歯磨き粉で傷を修復する方法を実践するのは止めておいた方がいいです!!

 

それでも実践したいという方がいらっしゃるなら

諸刃の剣だということを承知の上、自己責任でやってください。

 

スポンサーリンク

スマホに付いたキズを直すにはどうする?

コーティング剤を使う

浅い傷であればコーティング剤を最初から使った方が無難です。

それでも傷が消えない場合は研磨剤(歯磨き粉でも可)でコーティングを落として

すぐに再コーティングをしましょう。

 

コーティングすることで、

画面を触った感じが滑らかになってタッチ感度も向上します。

 

また、抗菌作用のあるコーティング剤を使えば衛生面にも効果テキメンです!

コーティング剤はこのあたりの物を使うといいでしょう。

 

ナノトールプロを実際に使ってみましたので、

レビュー記事を書きました!

スマホ用ガラスコーティング剤「ナノトールプロ」を使ってみた感想

2017年5月31日

 

スマホカバーを使ってキズを隠す

一番手軽なのはこれですね。

スマホカバーで傷を隠してしまえば

当然外見からは見えません。

 

また、スマホをオシャレに着飾ることもできますし、

一石二鳥でもあります。

 

ただ、そこまで気にすることはありませんが、

スマホカバー(特に手帳型)をするとスマホに熱がこもりやすくなります。

 

普通に使っている分では特に問題はありませんが、

充電ケーブルを挿しっぱなしで

長時間ゲームをしたり、動画を見たりすると

スマホに負荷が強くかかってしまうので注意が必要です。

 

まとめ

  • 歯磨き粉での傷除去は可能
  • しかし、スマホに元々施してあるコーティングを剥がしているので、そのまま使うのは難あり
  • 傷対策にはスマホ用のコーティング剤を使った方が安心かつ効果的

 

歯磨き粉で傷は落とせるかもしれないけど、

実はコーティングを剥がしているだけってなかなか見た目では分かりませんよね。

歯磨き粉で傷落としをしてもいいけど

そのあとしっかりコーティングすることを忘れないでくださいね!

 

貴方のスマホライフに幸多からんことを!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください