スマホで音楽を聴くには聴き放題サービス?それとも…

スポンサーリンク

 

毎度どーも!ソラトラボ管理人ソラリスです!

皆さんはスマホで音楽を聴くときどうしてますか?

 

・定額の音楽聴き放題サービス

・ダウンロード販売サイトで購入

・CDから取り込む

この3つのうちのどれかになると思います。

 

無料の音楽ダウンロードアプリを使っているよー!」

という方は一旦こちらをご覧ください。

無料で音楽をダウンロードできるスマホアプリって安全?違法?

2017.03.16

ストア検索上位に「これってダメなやつなんじゃ・・・?」

というアプリもあったりするので注意が必要ですよ。

 

自分のスマホを守れるのは自分だけ、ですからね!

 

話がちょっと反れてしまいましたが、

今回は聴き放題サービスダウンロード販売CDから取り込み、それぞれのメリット・デメリットを考えていきます!

 

定額聴き放題サービス

メリット

  • どれだけ音楽を聴いても料金は一定
  • 知らない曲もどんどん聴けるので新しい音楽に出会える
  • ラジオのようにとりあえず流して作業用BGMとして優秀
  • 曲数も多いところで数千万曲もあり、膨大なので飽きが来ない
  • たくさんの曲を聴きたいという人には節約になる

 

SpotifyやAWA、LINE Musicなどの定額制聴き放題サービスですね。

どれだけ聴いても料金は変わらないという点が最大のメリット!

 

知らない曲でもとりあえず聴いてみようということもしやすいですし、

自分の音楽の世界が広くなるかもしれません。

「いろんな曲をたくさん聴いてみたい!」という人にはピッタリですね。

 

また、Spotifyは一部機能制限や広告が合間に入りますが、

無料コースもあるので一度試してみてもいいですね!

 

デメリット

  • 音楽を聴く度に通信が発生する ⇒ データ通信量が増えやすい
  • 高音質(256~320kbps前後)での音源を配信しているが、データ量が多いので低音質での利用がメインとなりやすい
  • サービスによっては「プレイリスト単位」のみの再生しかできない場合もある(有料サービスでは少ないが)
  • 無料サービスでは広告が入って邪魔になる
  • 通信環境が悪い場所での利用ができない

 

定額制音楽聴き放題サービスはストリーミング再生なので

再生時にほぼ確実にデータ通信が発生していまいます。

 

音楽を何時間も毎日聴いているとすぐデータ通信量の上限に達して速度制限が掛かってしまいます。

 

キャリアによりますが、基本的に通信速度制限されてしまうと

音楽試聴にはかなりの待ち時間が発生してしまい、そうなると音楽どころではなくなるので注意が必要です!

 

格安SIMを提供しているサービスでは通信速度制限されても少し早いところもあるので、

乗り換えを考えてみてもいいかもですね!

あなたのスマホ料金が高い理由

2017.01.12

 

ダウンロード販売

スポンサーリンク

メリット

  • ハイレゾ音源などの高音質な音源が手に入る
  • 一度ダウンロードしてしまえばそれ以降は通信が発生しない ⇒ データ使用料の節約になる
  • 自宅にWi-Fi環境があれば実質データ通信料ゼロで楽曲が手に入る
  • 音楽プレイヤーのアプリを自由に選べる
  • お好みのプレイリストが組みやすい
  • 1ヵ月に数曲しかダウンロードしないという人にとっては節約になる
  • 再生する際にデータ通信をしないので読み込みが早い
  • CDショップに並ばないような曲も多く配信されている(ゲームミュージックなど)
  • データ通信圏外でも音楽再生が可能

 

レコチョクやmora、iTunesなどから音源を購入して、スマホに入れる手法です。

 

この特長は高音質音源をゲットでき、音楽再生アプリも自由に決められることです。

アプリによってはイコライザーが付いてたりしますし、更なる音質強化もできます。

特にXperiaなどのソニー製のスマホを使っている方は、

デフォルトで入っている音楽再生アプリがかなり使えるものなので

是非使ってみてください!音質もいいですよ!

 

デメリット

  • 1曲〇〇〇円という料金体系なのでたくさんダウンロードしようとすると料金が高くなる
  • スマホ本体のストレージ容量やSDカードの容量を圧迫しやすい ⇒ スマホが不具合を起こしやすくなる
  • 聴く曲数は少なめになるため新しい音楽に出会う機会が少ない
  • サービスによってはスマホ以外の端末に入れられないものもある(大抵はできるけど)

 

なんといってもダウンロード販売は高い!w

1曲あたり200円前後で、ハイレゾ音源に至っては500円程ですから

多く買おうとすると5000円なんてすぐに吹っ飛んでしまいます。

 

それにハイレゾ音源はデータ量がとても大きいので、

あっという間にスマホ本体の容量を使い果たしてしまいます。

その状態でスマホを使い続けると普段では起こらない不具合が出ることもあります。

ハイレゾ音源をダウンロードするときは容量の大きいSDカードを利用するようにしましょう!

 

CDから取り込む

メリット

  • ハイレゾや低音質にしたり、はたまたCD並の超高音質にしたりなど自由に音質やデータ形式を自由に決められる
  • スマホだけではなく、いろんな端末で音楽を楽しめる
  • 安く済まそうと思えばCDレンタルで音源が調達できる ⇒ お金を節約できる
  • その気になれば音源を連結させてオリジナルメドレーを作れる(ハードルはかなり高いけどw)
  • CDレンタルショップなどのセールを利用すればでアルバムが安く大量にレンタルすることも可能

 

MP3やAAC、FLACなどのハイレゾ音源など自由自在に音源を作れちゃいます!

ボイスドラマは低音質で、音楽は高音質にするなどもできます。

また、CDレンタルショップなどで「アルバム5枚で1000円!」なんてセールをしていたら

大量に安く音源を入手できる可能性もあります。

 

手間は掛かるけど、比較的安価で高音質に音楽を楽しめる方法って感じですね!

 

デメリット

  • パソコンやスマホ専用の音楽取り込み用デバイスがないとできない
  • パソコンなどの知識がある程度必要(一度慣れれば簡単なレベル)
  • 操作が面倒
  • 店でCDを探すのが手間になる
  • 在庫が無かったり、レンタル中などでCDを入手できない場合もある

 

この方法は何よりも面倒!w

CDを探さなきゃいけないし、CDから取り込むときも自分で操作しなければいけませんからね。

 

パソコンなどのCDから音楽を取り込む環境が無いとできないし、

取り込み方も覚えないといけませんから他の2つの方法と比べるとハードルはちょっと高めです。

スマホに高音質の音楽を取り込む方法を伝授します!

2017.03.17

 

まとめ

  • 「知らない曲も含めて多くの音楽を楽しみたい!」という人は定額制聴き放題サービス
  • 「パソコンなどがあって、高音質な音楽を楽しみたい!」という人はCDから取り込む
  • 「パソコンは無いけど高音質な曲を聴きたい!」「CDショップにはないちょっとマニアックな曲を聴きたい」という人はダウンロード販売

という感じでしょうかね。

 

ちなみに私は、

CDショップで並んでいる曲はCDから取り込んで、

ゲーム音楽などのコアな音楽が欲しいときはダウンロード販売を利用しています。

またボカロ曲などの動画サイトにしかない曲を聴きたい場合はNicoboxやYoutubeを使ったりもしてます。

全部ごっちゃまぜですねw

 

きっとそれぞれの人にあった使い方というのはあるはずなので、

それぞれのサービスのいいとこ取りをしていく使い方をしていくといいですね!

 

あなたのスマホミュージックライフに幸多からんことを。

 

ここまで見てくれたあなた様に感謝、なのです!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA