あなたは大丈夫?スマホの画面ロックをしないという選択は危険!

スポンサーリンク

 

ソラトラボ所長のソラリスです!

 

皆さん、スマホの画面ロックはセットしていますか?

 

「画面ロック?ああ、面倒だからやってないよ」というそこのあなた!

ちょいとお待ちください!!

画面ロックをしないということは家に鍵を掛けずに出掛けるのと同じくらい危険なことです!

今回は画面ロックをしないとこうなる!ということについて説明します。

 

「画面ロック?何それ何それー?」という方も是非読んでいってくださいね!

 

「画面ロック」とは?

画面ロックとは、スマホを他人が操作できないようにパスワードなどでロックするセキュリティのひとつです。

また、スマホが誤作動しないように予防するという目的もあります。

 

種類はタップやスライドするだけでロックが解除されるタイプから、

あらかじめ決めたように画面をスライドさせることでロックを解除するパターンロック、

4桁の暗証番号を入力するPIN、

パスワードを入力するタイプ・・・

などなど、様々な種類の画面ロックが存在します。

 

画面ロックをしないとこんな危険なことも・・・

スマホの画面を付けるたびにロック解除しなきゃいけないしメンドー・・・

と思っているそこのあなたぁ!!

画面ロックを設定してないとこんな危険があるのです!

 

スマホの盗難に遭った時に不正に利用されたり、売られたりする

画面ロックしてないスマホがもし盗難に遭った場合、次のようなことが起こりえます。

  • スマホが売られる
  • 端末に保存されているクレジットカード情報を使って多額の買い物をされる
  • 個人情報を盗られる

などの被害を受けることが考えられます。

 

画面ロックのセキュリティがしっかりしていれば、

スマホの不正利用は防げますし、スマホが売られるということもほぼありません(アドレス帳等のデータは客自身が行う必要があるため)

 

個人情報やプライバシーが漏れる危険性

スマホにはメールアドレスや電話番号、交友関係、SNSのアカウント、などなどたくさんの個人情報が入っています。

画面をロックしないとスマホをちょっと置いて離席したときにLINEのメッセージなど受信すると

他の人からもメッセージが見られる状況にもなり得ますので、あなたのプライバシーが漏れたり、

友人とのトラブルに発展する可能性もなくもありません。

 

ポケットやバッグの中で誤動作する可能性

あまり無さそうに見えて何気に起こるのがこれ。

私もポケットにスマホを入れてたとき、誤作動で電話を発信していたことがありました。

誤作動で知らないうちに変に設定が変わって、大変なことになる可能性もありえますので、

誤作動を防ぐためにも画面ロックは必須ですね。

 

ちなみに画面ロック方式で、ロックやスライドがありますが、

誤作動でロックを解除されてしまうこともあるので利用には注意が必要です!

 

画面ロックの設定方法

スポンサーリンク

1.[設定]⇒[ロックスクリーン]を選択

2.[画面ロック]を選択

 

3.お好みのロックの種類を選択

4.パスワードやパターンを設定(パターン、PIN、パスワードを選択時のみ)

  • パターンの設定方法

パターンロック方式はこのような9つの点をあらかじめ決めた順番の通りになぞっていくとロックが解除される方式です。

 

設定方法は9つの点を好きなように辿っていくのですが、

パターンロックを設定するうえでルールが2つあります。

  1. 必ず4つ以上の点を経由すること
  2. 一度たどった点をもう一度たどることはできない

設定した点のなぞり方は絶対に忘れないようにしましょう!

 

忘れてしまうと端末を操作できなくなるので、必ず自分が覚えられるパターンを設定しましょう。

 

 

こんな感じですね。

パターンを変えたい場合は「消去」を選ぶともう一度設定しなおすことができます。

パターンが決まったら確認のため設定したパターンをもう一度入力するように言ってくるので、

再び設定したパターンを入力しましょう。

正しいものが入力されると画面ロックが有効になります!

次回からの画面点灯時からパターンロック画面が表示されますので、設定したパターンを入力してロックを解除しましょう。

 

  • PIN(パスコード)の設定方法

PINの場合はロック解除に使う4桁の数字を設定します。

銀行などの暗証番号とかと同じイメージですね。

設定する数字は生年月日等の分かりやすい数字は避けるようにしましょう。

入力が完了したら[次へ]をタップし、再び同じ番号を入力すると設定完了です。

 

  • パスワードの設定方法

パスワード方式はその名の通り画面を付けるたびにパスワードを入力してロックを解除する方式です。

一番面倒なロック方式ですが、セキュリティ面では一番効果が高いです。

任意のパスワードを入力するのですが、文字数は4文字以上、英字1文字以上が必須となります(端末)。

入力後、再度設定したパスワードを入力するとロック設定が完了します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

画面ロックは手軽にできる効果的なセキュリティ対策です。

ちょっとの手間が自分の身を守ることに繋がりますし、画面ロックを設定することをおすすめします!

また画面ロックを設定するならパターン、PIN(パスコード)、パスワード方式のどれかにすることをおすすめします。

タップ・スライド方式はだれでもロック解除できますし、セキュリティは実質無いものですからね。

 

では今回はこの辺で。ここまで見てくれたあなた様に感謝、なのです!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA