スマホに通信制限が掛かった…。128kbpsの状態で何ができる?

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!

 

今月もまだまだ日数あるのにデータ通信制限掛かったぁぁぁ!

今日からしばらく通信速度が128Kbpsに生活だ…

という状態になったら何ができるのか?

 

ちょっといろいろ試してみようと思います!

 

アプリのダウンロード

約9MBのアプリをダウンロードしてみたところ

約10分程の時間を要しました。

 

ゲーム系アプリの初回ダウンロードをしようと思ったら

仮にデータサイズが1GBだった場合、

単純計算で65536秒=18.2時間もの時間が必要です。

 

実機環境だと他の通信も入るため

24時間以上は覚悟しないといけませんね…。

とてもじゃないけど辛すぎますw

 

アプリはできるだけWi-Fi環境でダウンロードした方がいいですね。

 

Twitter

ツイート文章はほとんど時間が掛かることなく表示されて

そこまでストレスを感じることはありませんでした。

 

しかしツイートに添付された画像を見るのには

だいたい30秒くらい掛かりました。

動画はもっと時間が掛かります…。

 

動画と画像はデータ量もまちまちですから

表示に掛かる時間も結構バラツキがありますが、

分単位で掛かることも多いので

ストレスに感じました。

 

LINE

こちらも文章だけならあまりストレスなく使えます。

スタンプを使うと若干時間は掛かりますが

そこまで気になるほどではありませんでした。

 

音声通話も特に不便に感じることはありませんでしたので、

基本的な機能は速度制限が掛かっていても十分に使えると言えますね。

 

それからもちろんLINEの場合でも

動画・画像を送受信した場合はかなりの時間が掛かります。

 

ネットサーフィン

スポンサーリンク

 

ニュースサイトをや企業サイト、ブログを読んでみたのですが、

そこまでストレスに感じることはありませんでした。

装飾が多いサイトだったり、ゲーム系のサイトは厳しいですが

まあ、ちょこっと調べ物をするくらいだったら平気で使えます!

 

動画視聴

ニコニコ動画とYoutubeで試してみました!

まず、ニコ動です。

通常画質ではちょっと厳しくて

低画質モードだと大丈夫かなーと思ったのですが、

状況はあまり変わらずカクカクしててまともに見れませんでした。

 

続いてYoutubeではどうなのか実験です。

はじめに画質を中間(360p)で試してみたところ、

数回止まりはしましたがギリギリ見られるかなって具合でした。

 

見るものと環境によっては視聴が厳しくなることもありそうです。

安定して動画を見るには画質を144pに落としてみた方が良さそうです。

 

ゲーム

結論から言うと、

オンラインゲームはプレイしない方がいいです。

 

オンラインゲームは

常にプレイ中常に通信をしているようなものなので、

致命的にラグいです。

 

こういう状態でプレイするのは

マッチングする他の人の迷惑にもなるので

通信制限中は極力オンラインゲームはプレイしないようにしましょう。

 

 

オフラインのゲームもサーバーとの通信するタイプがほとんどで、

そういったタイプのゲームをプレイするのはちょっと厳しい感じでした。

 

まとめ

私が調べたところ

128Kbpsの通信制限下でまともに使えたのは次の機能でした。

  • アプリダウンロード ×
  • Twitter 〇
  • LINE 〇
  • ネットサーフィン △
  • ゲーム ×(通信が発生しないゲームなら〇)
  • 動画視聴 △(Youtubeの低画質なら見られる)

基本的に文字だけのデータ取得なら全然問題が無く、

動画や画像が多いとだいぶキツイといった感じです。

 

頻繁に通信規制が掛かるという人は

Wi-Fiの導入かデータ使用量を増やすなどの対策を検討してみた方がいいでしょう。

といっても出費がかさむのでそこは懐と相談しながら決めるしかないのですが…。

 

格安スマホ並の節約も可能!スマホをWi-Fiのみで使う設定方法

2017.06.15

 

では、貴方のスマホライフに幸多からんことを。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA