auのピタットプランで最安1980円に!格安スマホと比較してどうなの?

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです。

 

2017年7月14日から、

auの新料金プラン「ピタットプラン」「フラットプラン」が開始されます。

「ピタットプラン」はなんと最安で月額1980円で利用可能となるプランで

格安スマホ並の安さがうたわれたプランとなっています。

 

本当に格安スマホと比べて安くなるのか、

実際にシミュレーションしてみました!

 

au新料金プランの内容

au ピタットプラン

「au ピタットプラン」はユーザーが使ったデータ使用量に合わせて、

5段階の料金が自動的に適用されるタイプの料金プランです。

 

また、2017年7月14日~2017年12月31日までの期間に、

新規契約・機種変更時に「auピタットプラン」に加入すると

最大12カ月間の利用料金を1,000円割引されます。

 

※iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone SE/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 5の購入を伴う新規契約および機種変更時には本プランおよびビッグニュースキャンペーンは対象外(料金プラン変更のみの場合はご加入いただけます。)

※2017年7月14日以降に端末を購入した場合、2018年2月以降、「auピタットプラン/auフラットプラン」とその他の料金プランとの間のプラン変更は不可(機種購入を伴う変更を除く)

 

各データ使用量に応じた料金は次の通りです。

音声通話については次の3種類から選択することができます。

  • スーパーカケホ(1回5分以内の通話がかけ放題) ・・・上記の金額
  • カケホ(全ての通話がかけ放題)        ・・・上記の金額から+1000円
  • シンプル(通話した分だけの通話料が発生)   ・・・上記の金額から-500円(~1GBを除く)

 

au フラットプラン

au フラットプランは大容量のデータ使用ができるプランで、

20GBと30GBの2つのプランがあります。

こちらの音声通話についても次の3種類から選択することができます。

  • スーパーカケホ(1回5分以内の通話がかけ放題) ・・・上記の金額
  • カケホ(全ての通話がかけ放題)        ・・・上記の金額から+1000円
  • シンプル(通話した分だけの通話料が発生)   ・・・上記の金額から-500円

 

ちなみに「auピタットプラン」も新規契約・機種変更時に加入すると

最大12カ月間の利用料金を1,000円割引されます。

※iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone SE/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 5の購入を伴う新規契約および機種変更時には本プランおよびビッグニュースキャンペーンは対象外(料金プラン変更のみの場合はご加入いただけます。)

※2017年7月14日以降に端末を購入した場合、2018年2月以降、「auピタットプラン/auフラットプラン」とその他の料金プランとの間のプラン変更は不可(機種購入を伴う変更を除く)

 

格安スマホのプランと比較してみた

スポンサーリンク

ピタットプランとフラットプランを格安スマホ業者と比較してみましょう。

人気の高いY!mobileとUQモバイルと比較してみます。

今回は新規でスマホを購入する場合で考えます。

 

格安スマホ(Y!mobile,UQモバイル)とau ピタットプランを比較

毎月のデータ使用量は1GBとして料金比較をしていきます。

 

まずは格安スマホですね。

端末はHUAWEI P10 liteを購入すると仮定しましょう。

  • Y!mobile・UQモバイル⇒ 基本使用料1980円(2年目以降[UQモバイルは14ヵ月目以降]2980円) + 端末代 約540円 = 合計 2520円

年間負担額 30,240円

Y!mobileは10分間かけ放題付き、UQモバイルは5分間かけ放題が付いています。

また1年間(UQモバイルは25ヵ月間)のみデータ使用量が1GB⇒2GBとなっています。

 

対してau ピタットプランです。

こちらの端末はXperia XZs(本体価格 38000円程度)を購入すると仮定しましょう。

  • auピタットプラン (2017/12/31までに契約)⇒ 基本使用料 1980円(2年目以降2980円) + 端末代 約1580円 = 合計 3560円

年間負担額 42720円

 

格安スマホとピタットプランを比較してみると、

合計料金を見てみると1000円程格安スマホの方が安いです。

しかし、その差はスマホの料金の差のみですので、

そこまで料金差はないと言えますね。

 

またXperia XZsは高性能機種に分類されるので、

格安スマホと比べるとハイスペック機種となっています。

 

スマホの料金は季節や契約状況でも変わってきますし、

長年auを使っているユーザーだとポイント利用で下手をしたら

格安スマホと同等の金額で高性能機種を使える可能性は十分にあります。

 

格安スマホ(Y!mobile,UQモバイル)とau フラットプランを比較

Y!mobileとUQモバイル料金プランでは

データ使用量が最大で14GBのプランまでしかないのでこのプランと

au フラットプランを比較してみます。

 

まずは格安スマホです。

今回も端末はHUAWEI P10 liteを購入すると仮定しましょう。

  • Y!mobile・UQモバイル ⇒  基本使用料4980円(2年目以降[UQモバイルは14ヵ月目以降]5980円) + 端末代 0円 = 合計 4980円

年間負担額 59760円(2年目以降 71760円)

  • au フラットプラン (2017/12/31までに契約) ⇒ 基本使用料 4500円(2年目以降5500円) + 端末代 約1580円 = 合計 6080円

年間負担額 72960円(2年目以降 84960円)

 

データ容量の差はあるにも関わらず、

端末代を除いた場合の料金はなんとau フラットプランの方が安いという結論になりました。

新機種を買った場合はさすがに格安スマホに分はありますが、

端末料金を払い終えた後はauフラットプランの方が安くなります。

 

大容量プランを希望している方は

auを使い続けた方が安くて、多くのデータ使用量を使えますので

メリットが多いかなと感じます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまでの大手キャリアの対格安スマホプランは

正直微妙なものが多かったですが

今回のauの新料金プランは結構良さげだなと感じました!

 

現auユーザーはそのまま使い続ける選択肢も

十分ありだと言えるでしょう。

 

その代わり料金を低く抑えたいなら

データ使用量の管理をしっかりやらないといけませんので

注意は必要ですね。

もう通信速度制限はこりごりだ!効果的なスマホのデータ通信量節約法

2017.07.04

 

注意点としては

現時点ではiPhone系の買い替えでは「ピタットプラン」「フラットプラン」の対象外なことです。

iPhoneユーザーでプランの変更だけ行う場合は新料金プランに切り替えることは可能です。

でも、発表会の質問ではiPhoneの対応は現在協議中とのこと。

期待しててもいいでしょう!

 

しかし、スマホの本体価格はまだまだ高価格帯のものが多く、

低~中価格帯の機種も選べるようになれば言うこと無しなんですけどね。

 

今後どうなっていくのか楽しみですね。

 

では貴方のスマホライフに幸多からんことを。

auの2017年夏発売スマホ「TORQUE G03」が最強(物理)な件

2017.05.30

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA