ただ使うだけじゃダメ?スマホカメラの上手なフラッシュの使い方!

スポンサーリンク

 

はい、ソラトラボ所長のソラリスです!!

今回はスマホカメラに付いているフラッシュの使い方についてのお話です!

 

フラッシュで撮影すると光が強過ぎるからなのか真っ白に写っちゃうことが多く、

なかなか使いづらいんですよね(´・ω・`)

 

そのスマホカメラのフラッシュを使って上手に撮影できる方法をお教えします!!

 

フラッシュの設定方法

カメラを起動して雷のようなマークを探しましょう。

それをタップしてフラッシュをオンにしましょう!

 

できれば「オン」か「オフ」に設定した方がいいです。

「オート」にしているとフラッシュをして欲しくない時に

フラッシュが焚かれて「うわあああああ」ってなります(表現雑

 

ちなみに上画面の「トーチ」にするとスマホのフラッシュが常に付いた状態になります。

 

スマホのフラッシュは基本的に使わない方がいい

基本的にスマホのフラッシュは使わない方が綺麗な写真が撮れます。

夜のイルミネーションなどの風景や夜景であってもフラッシュをしないで撮れるなら

フラッシュは使わずHDR機能を使って撮影した方が綺麗に撮れます。

 

しかし、例外はあります。

 

真っ暗で何も写らないような状況では

さすがにフラッシュを使わなければいけません。

 

真っ暗なところ以外にもフラッシュを使うといい感じになる場面や方法もあります。

次は、上手なスマホのフラッシュの使い方をいろいろと試してみましょう!

 

スマホのフラッシュを上手に使う撮り方

スポンサーリンク

無理に綺麗に撮ろうとせず、あとでアプリで修正する

白くなろうがとりあえず撮影して、

あとから画像編集のアプリで明るさを調節するのもいい手です。

撮影だけするだけで綺麗な写真を撮るのはちょいっと厳しいので

ちょっとずつ調整しましょう!

 

フラッシュの光が強すぎる時はティッシュで覆ってみる

近くの物をフラッシュ撮影するとき大抵のスマホで白飛びしちゃいます。

そこでフラッシュの強さを弱めるために、

フラッシュが光るところにティッシュを被せてフラッシュの威力を和らげて撮影してみましょう。

これで多少は自然な明るさになります。

 

比較的近い距離で水滴や水面を撮るときは、敢えてフラッシュを使ってみるのも手

敢えてフラッシュ撮影する意図は、

水面や水滴を光で照らしてキラキラ感を出すこと!

 

こういう場面では意外と綺麗に撮影でき、

フラッシュの光が明るすぎる時はひとつ上で紹介した

フラッシュ部をティッシュで覆う方法も併用すると尚いいです!

 

まとめ

  • 基本的にフラッシュは使わないで撮影する
  • 多少暗い場所であればフラッシュよりもHDR機能を使った方が綺麗に撮れる
  • フラッシュを使う時は撮影でいいものを撮ろうとせず、画像編集アプリで調整する

といったところですね。

スマホカメラは暗い場所での撮影がとっても苦手なので、

なかなか綺麗には撮れないんですよね。

 

ですが、工夫次第で何とかなることもありますし、

そういうのを考えるのも楽しいですよね♪

 

では今回はここまで。

貴方のスマホライフに幸多からんことを!

 

スポンサーリンク


元スマホデバッガーのソラリスの
おすすめアプリ紹介&アプリレビュー!

ゲームや音楽アプリ、写真、便利な各種ツール系…などなどソラリスが実際に使ってみて「これ面白い!」「こりゃ便利!」と感じたアプリのレビューや紹介記事の一覧はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA