スマホの画面割れをそのまま放置は危険!修理が必要な理由と応急処置

GMOメディアの調査機関プリキャンティーンズラボが

10代女子を対象にネットアンケートを行ったところ

スマホの画面が割れたことがある人のうち

45.7%の人がそのまま使っているということが分かりました。

 

引用:プリキャンティーンズラボ

 

電車の中で画面に大きくヒビが入ったiPhoneを

堂々と使っている人を時折見かけますが、

「大丈夫!?」って心配しちゃいますw

 

特に若い世代はiPhoneシリーズを使う人が多いですよね。

iPhoneはその構造上の理由から

画面にヒビが入っても操作不能になる可能性はそこまで高くないため

多少のヒビが入っても使い続ける人がいるということです。

 

でもちょっと待って。

それって実はホントは危険なんです。

 

スマホの画面割れがどうしてマズイのか、

その理由と応急処置法、修理に関してお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

ヒビの入ったスマホを使い続けているのは危険な理由

一度ヒビが入ると徐々に気付かないペースでヒビが大きくなっていく

スマホは画面をタップしなきゃ操作できないので

どうあがいても画面に刺激が加わってしまいます。

 

その影響で分からないくらいに

ちょっとずつヒビが大きくなってしまいます。

 

それに多少強い衝撃が加わってしまうと

一気にビビッと傷が広がりやすくもなります。

 

スマホをカバンの中に入れてて

ちょっと強い衝撃が加わってしまい

その結果やばいくらいにヒビが大きくなっちゃった…

なんてこともあり得るのです。

 

ちなみに、

スマホのヒビは温度変化でも拡大することもありますので

衝撃を加えないように気を付けてても思わぬ形で

トドメを刺されることもあったりします…´・ω・`)

 

今は普通に操作できてても、ある日突然操作不能に陥ることも…

ヒビを広げないように大事に使っていても

思わぬ形で致命的にヒビが大きくなってしまうものです。

 

また、見た目はヒビに変化が無くても

その内側の液晶のダメージが進行していき

操作不能になっちゃうこともあります。

 

そのため昨日までは普通に動いてたけど

朝起きたらスマホの操作が効かなくなった!

なんてことも起こり得るのです。

 

防水性能はほとんど無くなる

画面やスマホの背面にヒビが入ってしまうと、

ヒビの隙間から水がカンタンに入り込んでしまうので

防水に対応してないスマホよりも防水性能が落ちてしまいます。

 

多少の雨だったら防水対応じゃないスマホでも

すぐには問題になりませんが

ヒビが入ってしまうとそうはいきません。

 

少量の雨でも降られてしまうと

スマホ内部まで水気が侵入してしまい

最悪ショートして壊れてしまう、なんて危険性も出てきます。

 

スポンサーリンク

 

スマホの画面割れに対する応急処置の方法

すぐにバックアップをする

画面が割れているスマホは突然操作不能に陥ることがありますので、

操作できるうちにしっかりデータのバックアップをしましょう。

 

完全に壊れてしまってからバックアップしようと思っても

かなり難しくなりますので、

早いうちにバックアップをしましょう。

 

 

割れが広がらないようにテープ類で固定し、ビニール袋に入れる

こちらはすぐに修理するという前提で行ってください!

 

割れている個所をテープで固定することで

ヒビの拡大を多少防ぐことができます。

 

また、画面が割れている状態では

防水性能は著しく低下しますので

ビニール袋やにジップロックなどに入れて

水や衝撃から守るようにしましょう。

 

ヒビが入ったら出来るだけ修理or買い替えすることをおすすめ。しかし…

ヒビが入ってしまったらすぐに買い替えた方がいい。

それは分かった。

 

けど修理費はバカにならないし、

買い替えなんてもってのほかだよー!!!

 

というのが現実ですよね(; ・`д・´)

 

そりゃ誰だって好んでヒビ入りのスマホを使いたくはありませんし、

修理できるんだったらさっさとやってます。

 

修理するには

iPhoneだとApple careを利用すると3400円または11800円。

大手キャリアのスマホ補償サービスだと5000円前後は掛かっちゃいます。

 

スマホを買い替えるよりは安いけど

それでもなかなか痛い出費には変わりありません。

 

特に学生の5000円は大金ですし、

いきなりポーンと払えるかと言われれば難しいという現実があります。

 

ヒビが入ったスマホをできるだけ安く修理する方法

Apple careやスマホ会社の補償サービスは高い…

しかし、別の方法もあるんです!

モバイル保険 – さくら少額短期保険

 

月額700円の料金は発生しますが、

一時的に修理料金等を負担しなければなりませんが

修理費費用を保険でまかなうことができるサービスです。

 

保険金申請もネット上のマイページから行えますので、

隙間時間にパパッとできちゃいます。

また、マイページから事前に申込みを行い、

弊社提携修理店(リペアパートナー)を利用すると

その場でキャッシュレスに修理が受けられるサービス…。

つまり一時的に料金を支払わずに修理が受けられるサービスもあります。

 

こういったサービスを利用すると

ヒビ割れの修理もしやすいですよね♪

 

小ネタ:スマホのヒビが直る都市伝説的方法

なんと画面のヒビが入ったスマホにオロナインを塗って

一晩置くとヒビが直る!という都市伝説があるようです。

 

正直こういう噂があるのはビックリでした(笑)

 

人間のケガじゃあるまいし、

スマホが直ってたまるかwww

 

むしろ中にしみ込んだらショートしてしまいそう…(´・ω・`)

 

…いや、最近のスマホは人工知能が付いているものもあるし、

スマホもある意味生き物という可能性も…

(※ないです)

 

私自身はオススメしませんが、

興味ある方はその動画その置いときますね。

※試してみたい方は自己責任で!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

スマホにヒビが入ったらできるだけ早めの対処をすることをおすすめします。

 

スマホ会社のスマホ補償サービスを使うと

1~2日で代わりの新しいスマホを入手できますし

できるだけ補償サービスには加入することをおすすめします。

 

5000円以下で同等性能の機種と交換ができますので、

結果的に安く機種を買い替えできる形になります。

 

 

 

では、貴方のスマホライフに幸多からんことを。