SIMフリースマホ「AQUOS sense lite」のカメラ等のスペックと販売店は?

ドコモ/auから発売されていた「AQUOS sense(アクオス センス)」が

AQUOS sense Lite」とちょっと名前を変え、

SIMフリースマホとして発売決定!

 

そのスペック価格

販売するキャリアなどの情報をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

AQUOS sense(AQUOS sense lite)って簡単に言うとどんなスマホ?

ドコモ/auでも発売されている3万円台の低価格スマホ

AQUOS senseはドコモは2017/11/10auは2017/11/2に。

UQモバイルでは2017年11月下旬発売に発売します。

 

SIMフリー版はAQUOS sense Liteと名前はちょっと違いますが

AQUOS senseと中身は一緒のものですし、

実質的に大手キャリアと格安SIM業者、

SIMフリーで発売されるというちょっと珍しい格安スマホです。

 

大手キャリアでも格安スマホ業者に対抗するために

低価格帯のスマホを導入した、といったところでしょうね。

 

AI機能「エモパー」を搭載

最近のAQUOSに付いているAI「エモパー」ですが、

格安スマホながらもバッチリ搭載しています!

 

 

声でアラームとタイマーのセット、

不在着信や未読のメールなどの通知を教えてくれたり、

今日の予定や天気、一緒に行った場所を記憶してくれたりします。

 

 

このほかにもエモパーとお喋りもできますので、

普段の生活のオトモとして活躍するAIとなっています。

 

また、女性ボイスや男性ボイス、

さらには豚(!?)などのキャラクターから

好きなキャラクターを選択することができます。

 

例えるなら

いろんなキャラクターが選べる

SiriやGoogleアシスタントみたいなものですね。

 

格安スマホでは少ない「防水防塵スマホ」

格安スマホは値段を少しでも抑えるために

防水・防塵機能が付いていないことが多いです。

が、AQUOS sense(Lite)は国産メーカーということもあって

しっかり防水・防塵機能が備わっています。

 

ちょっとしたトラブルで水が掛かったり、

粉が掛かっても故障しづらい格安スマホとなっています。

 

 

しかし、防水スマホだからといって、

お風呂の中でスマホを使ったり

プール内で使うと故障する可能性がありますので

あまり過信しないようにしたいところですね。

 

防水スマホでも防水ケースは必要!スマホをお風呂で使う時の注意点

スマホが水没…でも諦めたくない人のための対処法・復活方法

 

液晶テレビAQUOSの技術を使った「リッチカラーテクノロジーモバイル」「バーチャルHDR」を搭載

「リッチカラーテクノロジーモバイル」や「バーチャルHDR」というのは

超ザックリ説明すると動画を明るく鮮やかに楽しむことができる機能のことです。

 

AQUOSの液晶テレビは発色が鮮やかな特徴がありますし、

そのノウハウを活かして高画質なスマホに仕上げた形ですね。

 

私も液晶テレビでは一番AQUOSが綺麗だと感じていますし、

そのあたりはさすがシャープだな、といった感じです。

 

とまあ、ざっくり説明しましたが

AQUOS senseは格安スマホながらも比較的高画質なスマホといえます。

 

AQUOS sense(Lite)のスペック詳細

デザイン

シルキーホワイト

 

ミスティピンク

 

フロストラベンダー

 

オパールグリーン

 

シャンパンゴールド

 

ベルベットブラック

 

エアリーブルー

 

スペック表

サイズ(高さ×幅×厚さ) 144mm×72mm×8.6mm(Liteは8.5mm)
ディスプレイ 約5.0インチ
IGZOディスプレイ
1,920×1,080ドット フルHD
CPU Qualcomm Snapdragon 430(MSM8937)
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)オクタコア
保存容量 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ

[アウトカメラ]

有効画素数約1,310万画素 CMOS 裏面照射型F2.2

[インカメラ]

有効画素数約500万画素 CMOS 裏面照射型広角レンズ[焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]

防水防塵 〇(IPX5/IPX8、IP6X)
バッテリー容量 2,700mAh
OS Android 7.1
カラーバリエーション シャンパンゴールド
シルキーホワイト
ベルベットブラック
フロストラベンダー
オパールグリーン
ミスティピンク
エアリーブルー
重さ  148g(Liteは147g)
その他 エモパーver7.0搭載

 

※カラーバリエーションはキャリア毎に異なります

  • ドコモ:シャンパンゴールド、シルキーホワイト、ベルベットブラック、フロストラベンダー
  • au:シルキーホワイト、オパールグリーン、ミスティピンク
  • UQモバイル:シルキーホワイト、ベルベットブラック、エアリーブルー
  • SIMフリー(AQUOS sense Lite):シャンパンゴールド、シルキーホワイト、ベルベットブラック

 

スポンサーリンク

 

「SIMフリー版(AQUOS sense Lite)」と「ドコモ/au/UQモバイル版(AQUOS sense)」との違い

各販売店(キャリア)ごとの限定カラーがある

先程もちょっと書きましたが、

各キャリア毎でカラーバリエーションが異なります。

キャリアによって購入可能な色、購入できない色があるので注意しましょう。

 

デフォルトで搭載されているアプリは若干異なる

それぞれのキャリアによって、

そのキャリア専用のアプリが搭載されますので

デフォルトで入っているアプリの違いはあります。

 

…まあ、ストアでダウンロードできるアプリで補える部分ですし

そこまで気にすることはないですよ!

 

スペックで特に大きな違いはない

カラバリ、デフォルトで入っているアプリの違いはありますが、

スペックはどこのキャリアで買っても同じです。

 

SIMフリーモデルのAQUOS sense Liteは

AQUOS senseと比べて厚さ1mm短くて、1g軽い程度の違いなので

違いはほとんどないと言っていいでしょう。

 

「ここで買った方がいい!」ということはありませんので

違いは特に気にする必要はありませんよ(*’▽’)

 

AQUOS senseの発売日と価格、販売店(キャリア)、口コミ情報

発売日

ドコモ:2017/11/10

au:2017/11/2

UQモバイル:2017年11月下旬

SIMフリーモデル(AQUOS sense Lite):2017年12月上旬

 

価格

AQUOS sense

  • ドコモ:30,456円
  • au:32400円
  • UQモバイル:未公開

 

AQUOS sense Lite

  • 価格:未公開

 

購入可能な販売(2017/11/7現在)

AQUOS sense:ドコモ、au、UQモバイル

AQUOS sense Lite:未定(シャープ公式サイトやアマゾン等のショッピングサイト、電気量販店?)

 

スポンサーリンク

 

まとめ:3万円台という安い値段で買えて、比較的高性能な機種

 

メリット
  • 映像が綺麗
  • 防水防塵機能が付いているので「もしもの時」でも安心して使える
  • 大手キャリアでも安く、かつそこそこの性能のスマホが手に入る
  • スマホ本体の角が丸くなっていて、特に自撮り時に持ちやすい

 

デメリット

  • 「ここの性能がいい!」という面が少なく特徴があまりない

 

3万円台の格安スマホということで

ハイスペックスマホの半分の値段で購入できます。

 

でもだからといってスペック自体は

普段使いで困りはしないレベルですので

充分買う価値はあるスマホです。

 

格安SIMを使っている人はもちろん、

大手キャリアを利用している人でも

安いスマホが使えますので

コスパ&スペックともにバランスの取れたスマホなので

なかなかおすすめな機種だと言えますね。

 

では、貴方のスマホライフに幸多からんことを。


元スマホデバッガーのソラリスの
おすすめアプリ紹介&アプリレビュー!

ゲームや音楽アプリ、写真、便利な各種ツール系…などなどソラリスが実際に使ってみて「これ面白い!」「こりゃ便利!」と感じたアプリのレビューや紹介記事の一覧はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA