スマホカメラの写真撮影でサイズはどう設定するのがオススメ?

 

 

ども!ソラトラボ所長のソラリスですよ♪

今回はスマホカメラで写真を撮るときのサイズ設定のお話です。

 

カメラのサイズ設定って結構種類ありますよね。

私が使っているカメラアプリも30種類以上のサイズが選べます。

 

SNSにアップしたり、プリントアウトしたりなど

撮った写真をいろんな用途で写真を使いますが、

どういう風に設定した方がいいのか・・・。

 

今回はそんな疑問にお答えしちゃいます!

 

ちなみに綺麗なスマホ写真の撮り方はこちらの記事でまとめています!

スマホのカメラで写真を簡単に上手に撮影する7つのコツ

スポンサーリンク

撮影するときは基本的に一番大きいサイズで撮影する

写真を撮影するときは一番大きいサイズで設定しておけば何とでもなります。

 

というのも、大きいサイズで撮影しておけば、

写真を縮小しなくてはいけないときでも画質の劣化は発生しません

逆に小さい写真を大きくしようとすると

強制的に写真を引き伸ばす処理になるため

画質の劣化が発生してしまいます。

 

どれぐらい劣化するのかを実際に見てみましょう。

 

上の200×200サイズの画像を

1000×1000に拡大してみます。

 

するとこんな感じになります。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが

よく見てみると矢印の縁の部分がぼやけてたり

ちょっと画像に粗が出ているのが分かるかと思います。

 

拡大方法によっては

画像の劣化をある程度防ぐこともできるのですが、

基本的に小さな画像を拡大すると、大なり小なり画質が劣化しています。

 

だから一旦大きなサイズで撮影しておいて

あとは用途に応じて、煮るなり焼くなりすればいいんです。

 

大は小を兼ねる、ってやつですね。

サイズを大きくしていれば写真も綺麗なので、

そのままプリントアウトしても問題ありません。

 

大きいサイズで撮影したら本体の容量がいっぱいになるんじゃ・・・?

確かに写真を大きいサイズで撮るとデータサイズが大きくなって、

スマホ本体とSDカードの保存容量を圧迫してしまいます。

しかし、これは簡単に対策が可能です。

 

Googleアカウントさえ持っていれば使える

動画像のクラウドサービス、Googleフォトを使うことで

無料で保存容量の節約をすることができます。

 

軽く仕組みの説明をすると…

通常撮影した写真はスマホ本体やSDカードに保存しておきます。

 

しかし、Googleフォトのようなクラウドサービスでは

写真をスマホ本体ではなくクラウド(Googleのサーバー)で保存することができるので

スマホ本体の保存容量を空けることができます。

 

Googleフォトを使うことで本体容量の節約になりますし、

なにより使用容量が無制限で無料で使えるという破格のサービスっぷり。

さすがネット界の大御所、Googleさんです・・・(´・ω・`)

 

ちなみにGoogleフォトの詳しい説明は↓の記事をどうぞ。

スマホ写真が無制限に入れられるバックアップサービス、Googleフォトが凄い!

知っているのと知らないのではスマホの保存容量節約において差が出てきますので、

是非是非参考にしてみてください。

保存容量の節約をすることでスマホの処理速度も違ってくるので

かなり役立ちますよ!

スポンサーリンク

SNSにアップする時もできるだけ大きなサイズで撮影する

SNSにアップするとき写真サイズを気にする必要はありません。

というのもほとんどのSNSでは写真をアップする段階で

自動的に写真がSNSの仕様に応じたサイズに変更されるからです。

 

そのため、むしろ小さいサイズで写真を撮ってしまうと、

写真が自動的に拡大されてしまう可能性があり、

結果的に画質が悪くなってしまうことも考えられます。

 

ですので、SNSにアップする目的で写真を撮る場合でも、

写真サイズは「最大」に設定しておくと心配はありません。

 

サイズが大きすぎてアップできない場合でも

大きく撮っておけば、後はどうとでもなります!

 

メールに写真を添付するときは画像を小さくすること

メールで写真を送るときは注意が必要です!

最大サイズの写真を送ろうとすると受信側が受け取れない場合があるので、

必ず画像サイズを小さくして送信するようにしましょう。

 

具体的には画像のデータサイズを1MB以下になるように縮小するといいです。

 

メール送信時に画像を小さくして送る機能が付いているものもありますが、

Gmailで送信する場合は画像縮小機能は付いていませんので、

アプリ等で画像を小さくする必要があります。

 

画像のサイズを変更するアプリって?

画像サイズを変えたいときは、

Androidでしたら「写真リサイズ」、

iOSであれば「EverClipper」というアプリが簡単にすぐ修正できるのでおすすめです。

 

写真リサイズ
写真リサイズ
開発元:farluner apps
無料
posted with アプリーチ

 

EverClipper – 写真/画像を簡単リサイズ
開発元:Koichi Otera
無料
posted with アプリーチ

 

写真サイズの変え方

軽くどんな感じのアプリなのかを紹介しますね。

 

1. アプリを起動して【写真を選択】をタップ

2. サイズを変更する画像をタップする(長押しすると複数の画像を選択可能)

 

3. 画面上のサイズ変更ボタンをタップする

4. 任意のサイズを選択する

 

5. 処理が終わるとサイズを変えた画像が新しく作成される

 

こんな感じで写真のサイズを変えることが出来て、

操作もそこまで難しくありません。

 

パソコンを使ってサイズ変更すると

USBケーブルを繋いだり、データを移すのが面倒ですし、

スマホで撮影した写真はアプリでちゃちゃっといじるのが楽ですし便利です。

 

スポンサーリンク

まとめ

要点をまとめると…

  • 最大サイズで撮影して、あとから用途に応じてサイズ修正する
  • 小さいサイズで撮影すると、拡大しようとすると画質が劣化する
  • SNSにアップするときは各SNSの仕様に合わせたサイズに自動修正される

といったところですね!

「大は小を兼ねる」という考えで撮っていけば間違いはないです。

大きいサイズで写真をバンバン撮り続けると

確かに保存容量が圧迫されやすくなります。

 

しかし、Googleフォトなどのクラウドサービスを使うことで

スマホの本体容量を節約することが可能ですし、

画像サイズを大きくすることに対してデメリットはそこまで感じません。

 

綺麗な写真を撮り方もこちら↓の記事にまとめましたので、

こちらも併せてどうぞご参考に!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください