honor9が10/12に日本発売!honor8とスペック比較&カメラ性能を考察

ファーウェイの新スマホ「honor9」が

10/12に日本発売決定!

過去機種のhonor8とスペック比較してどこが進化したのか、

またスマホカメラの性能はどうなのか?

 

気になるhonor9の特徴をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

honor9の特徴は?

若者をターゲットにしたクールなデザイン


引用:http://consumer.huawei.com

honor9では若者をメインターゲットにするため、

特にデザイン面に力を注いでいます。

光の屈折をうまく噛み合わせて

高級感あるスタイリッシュなデザインになっています。

 

派手過ぎず、地味過ぎず、

ちょうど具合の自己主張があって

なかなかオシャレなスマホですね!

 

 

本体背面に3D曲面レンズを使用し、立体的な光を利用した美しいスマホ

honor9は3D曲線ガラスを使用しており、

スマホに当たる「」にこだわってデザインされています。

曲線ガラスによって立体的な光を演出し、

おしゃれで高級感のあるカッコよさを実現しています。

 

特にグレーはめっちゃカッコよくないですか?!

落ち着いた色だけど地味ではないし、

光でほどよい自己主張が出ててなかなかいいと思います!

 

デュアルカメラを採用している

言葉通り、2つのカメラを使用して撮影する

デュアルカメラ方式を採用しています。

 

honor9ではカラーセンサーとモノクロセンサーの

2つのカメラを使っているので

これによって写真の色がより鮮明になります。

 

ちなみにhonor8でもデュアルカメラを採用されています。

 

デュアルカメラについては

こちらの記事で詳しく解説しています!

デュアルレンズ搭載スマホカメラのメリットは?対応スマホを比較!

 

指紋センサーの継続学習機能によって、認証スピード向上と認識精度が上がっていく

指紋は永久不変変わらないものですが、

指紋登録の方法を失敗してしまったら

なかなか指紋認証が通らないこともあります。

 

honor9では指紋センサーに継続学習機能が搭載されており、

指紋センサーを使いこむたびに指紋のデータを採取し続け、

指紋データの精度を高め

認証スピードの向上と認識精度を上げています。

 

honor9とhonor8のスペックを比較してみた

 

honor9 honor8
サイズ 幅:約70.9 mm
高さ:約147.3mm
厚さ:約7.45mm
重さ:約155 g
幅:約71.0 mm
高さ:約145.5 mm
厚さ:約7.45 mm
重さ:約153 g
カラー サファイアブルー
グレイシアグレー
ミッドナイトブラック(楽天モバイル専用)
ミッドナイトブラック
サンライズゴールド
サファイアブルー
パールホワイト
サクラピンク
OS Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1 Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア
(4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
HUAWEI Kirin 950 オクタコア
(4 x 2.3GHz + 4 x 1.8GHz)
RAW(メモリ) 4GB 4GB
保存容量 64GB
microSDは最大256GBまで使用可
32GB
Micro-Dは最大128GBまで使用可
バッテリー 3200mAh(一体型)
急速充電 9V/2A(30分で約40%の充電可能)
3000mAh(一体型)
急速充電 9V/2A(30分で約47%の充電可能)
ディスプレイ 約5.15インチ
FHD(1080×1920ドット)
IPS
約5.2インチ
FHD(1080×1920ドット)
IPS
アウトカメラ [メインカメラ] 1200万画素カラーセンサー(F値 2.2)
[サブカメラ] 2000万画素モノクロセンサー(F値 2.2)
光学手振れ補正
2色フラッシュ
4-in-1ハイブリッドフォーカス
(像面位相差+コントラスト+レーザー+デプスAF)
4K動画撮影対応
[メインカメラ] 1200万画素カラーセンサーカメラ(F値 2.2)
AF
2色Flash
[サブカメラ] モノクロセンサーカメラ(F値 2.2)
インカメラ 800万画素(開口部F2.0, FF) 800万画素(開口部F2.4 / FF / BSI)
通信速度 (受信時/送信時) 下り(受信時):最大150Mbps(LTE)
上り(送信時):最大50Mbps(LTE)
下り(受信時)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
対応周波数帯 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/20
TDD-LTE : B38/40
WCDMA : B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TDD-LTE : B38/40
LTE CA DL (カテゴリ6) : B1+B19/B3+B19/B1+B8
W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz) 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
対応USB Type-C Type-C
デュアルSIM対応
Bluetooth v4.2 with BLE v4.2 with BLE
NFC対応
位置測位 GPS
Glonass
Beidou
GPS
AGPS
Glonass
搭載センサー 加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋センサー
加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋センサー
価格 53,800円 42,800円

 

過去機種から変化があったもの

  • CPU :CPU性能アップ(HUAWEI Kirin 950 オクタコア ⇒ HUAWEI Kirin 960 オクタコア)
  • カメラ:動画の4K撮影対応、インカメラのF値がF2.4⇒F2.0
  • 保存容量:32GB⇒64GBへ増量
  • バッテリー容量:3000mAh⇒3200mAhに増量
  • デュアルSIMに対応
  • 指紋認証センサー:背面⇒前面下部へ移動
  • 高速充電:30分の充電量が47%⇒40%に減少(バッテリー容量アップが原因?)
  • キャリアアグリゲーション非対応になった
  • 本体サイズはほとんど変化なし
  • 価格:11,000円高くなった

 

スペック面では劇的な変化はないものの、着実に性能は上昇している

スペックを見ると、

「大きくここが変わった!」

というところはあまり見受けられません。

 

しかし、保存容量が32GB⇒64GBに増量されたり、

CPUも新型を搭載していますし

基本性能は確実によくなっていると言えるでしょうね。

 

 

ただ、キャリアアグリゲーションに非対応になったことで

最大通信速度が落ちています。

 

体感的にはそこまで変わらないかもしれませんが

地域によって多少の速度ダウンが懸念事項ですね。

 

あとは、値段が高くなった点ですかね。

11,000円分の性能向上があったかどうかは

正直「うーん…」という感じです。

 

スポンサーリンク

 

honor9のカメラ性能を考察してみた

続いてhonor9のスペックの中でも、

カメラ性能に注目して考えてみます。

スペック表から分かる変わったポイント

動画の4K撮影に対応

旧機種では対応していなかった

動画の4K撮影ですが、

今回のhonor9では対応します。

 

とはいえ、ここ最近のスマホでは

対応している機種もかなりありますし

珍しい機能というものではありません。

 

手ブレ補正機能が追加

逆に今までなかったんかい!w

手ブレ補正も多くの機種に搭載されている機能ですし、

ようやくマトモになったか…と感じます(;・∀・)

 

サブカメラ(モノクロセンサーカメラ)の画素数がアップ

モノクロセンサーの有効画素数が増えたことによって

honor8よりも暗い場所での撮影に強くなったと言えます。

 

しかし、

私はそこまで大きく改善とまではいかないと考えています。

 

というのも、

一般的にはイメージセンサーの画素数が上がったからといって

画質は良くなるとは限らないからです。

むしろ、写真が暗くなることもあります

 

※理由はこちらの記事で説明しています!

スマホカメラの性能は画素数で比較してはダメな理由

 

画素数と共ににF値が低くなっていれば効果に期待できますが、

honor8と9ではF値の違いはありませんので

劇的な変化とまではいかないでしょう。

 

でもまあ、画素数が増えたのは

サブカメラのモノクロカメラですし

旧機種と比べて写真が暗くなることにはならないでしょう。

 

他のカメラに強い機種と比べたらスペック差はありますが、

旧機種と比べて多少よくなったという感じでしょう。

 

インカメラのレンズが明るくなった(F値:2.4⇒2.0)

インカメラについては、素直に性能向上したと言っていいでしょう。

インカメラでの撮影は主に自撮りになります。

 

一般的に人を撮影するときには

F値を下げて撮る方がいいとされます。

 

高いF値で撮影すると人の肌が暗く映りますので、

あれ?私って写真写り悪い?

みたいなことになりますw

 

さらに背景もぼかしやすくなるので、

より人物の映り具合が際立って

いい写真を撮りやすくなります。

 

結論:自撮り写真は良くなるけど、その他の写真はhonor8とそこまで変わらない

…という結論に至りました。

手ブレ補正機能の追加や暗い場所での撮影強化

オートフォーカス機能の強化

カメラ機能の改善は行われています。

 

しかし、私は

honor8と比べて大きくよくなったと言えない

と考えています。

 

とはいえ、honor8自体のカメラ性能はいい部類ですので、

honor9ではちょっとブラッシュアップしたと言った方が正しいですね。

 

カメラ性能に特化させたスマホよりは

性能がワンランク落ちますけど

それでも普段使う分にはストレスに思うことはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

honor9について考察しましたが、

性能面はhonor8のマイナーチェンジ版のような感じです。

しかし、honor9の最大のウリはデザイン面でしょう。

 

好みは人それぞれでしょうけど、

honor8は他のスマホと比べても個性的で

クールでおしゃれさを感じます。

 

性能面は問題ありませんし、

純粋にスマホのデザインを見て

「あ!カッコイイ!」

とか

「綺麗じゃん!!」

と思ったら買って間違いないでしょう。

 

では、貴方のスマホライフに幸多からんことを。

 

他の機種のレビューもしています!

良かったらこちらも参考にしてみてください♪

iPhone8/XとAndroid、どっちを買うべき?スペックを比較!

ZenFone4はカメラ性能に特化!スペックと各モデルの特徴、発売日は?

【2017年版】スマホカメラの性能で考えるおすすめ機種を厳選!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA