【初心者向け】スマホカメラでうまく接写するコツを伝授!

スポンサーリンク

 

どーもー!ソラトラボ所長のソラリスですよー!

 

スマホで写真を撮影するときって近くの物を撮影することが多いですよね。

でも近くの物を撮ろうとすると

ピントがなかなか合わなくてうまく撮影できない・・・

なんてこともよくあります。

 

しかし、これを解決するのは簡単だったりもします。

今回は近くの物を綺麗に撮影する、「接写」について勉強していきましょー!

 

マクロモードを活用すべし!

接写するならとりあえずマクロモードに切り替えるべし!

古事記にもそう書かれている!

 

…冗談はさておいて、

でもそれくらい重要な機能なんですよ?

 

設定の方法は使うアプリによっても違うのですが、

フォーカスモードを変更する場所で設定ができます。

マクロモードはチューリップのアイコンで表示されていることが多いのでこれを見つけてみましょう!

 

スマホ購入時から入っているカメラアプリではマクロモードが無いものもあります。

性能もマーケットで配信されている無料の方がいいという場合が結構ありますのでカメラアプリに乗り換えることをおすすめします。

私オススメのアプリはこちらの記事に書いていますので参考にしてみてくださいね♪

スマホプリインのカメラアプリが使いづらいあなたに。

 

ピントを合わせるときはスマホを動かさない!

マクロモードに設定したらピントを合わせて撮影していきましょう!

で、ピントを合わせるときのコツがありまして。

ピントを合わせている時はスマホを動かさないようにしましょう。

 

動かしてしまうと違うところにピントがあったりしますので

しっかり脇を締めてスマホを動かさないようにしましょうね!

 

また、三脚などで固定してしまうのもかなり有効な手ですので覚えておきましょう。

 

ちょっとだけカメラを遠ざけてみる

ピントを合わせるのは分かった。

が、マクロモードにしてもピントがなかなか合わないんだけどどーなってるの!!

 

そんな時は被写体との距離を少しずつ離しながらピントを合わせてみましょう。

 

なぜかというとカメラには最短撮影距離というものがあります。

最短撮影距離よりも近い距離で撮影しようとするとうまくピントが合いません。

 

 

ですのでうまくピントが合わないなあという時は、

「最短撮影距離内なのかも?」

と疑って一旦被写体との距離を離してみましょう!

 

 

こんな感じできちんとピントが合いました!

 

ちなみにスマホのカメラの場合機種にもよりますが、

最短撮影距離は7cm前後である場合が多いみたいです。

 

ピントが合ったらいざ、シャッターを切っちゃいましょう!

 

まとめ

接写をするときはまずマクロモードに切り替え

そして適切な距離に陣取って、ピントを合わせる

はじめはこれさえ意識すれば失敗はしないです!

 

接写をマスターするとSNSにフィギュアや料理を撮るのが一気に上手くなります。

それに伴って楽しさも倍増していきます。

 

私もどんどんフィギュアを撮影していきますよー!

 

では今回はこの辺で。

ここまで見てくれたあなた様に感謝、です!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォン向けアプリの元デバッガーで経験を活かしたスマートフォンのあれこれを語るブロガー。そして、もうひとつの顔はVOCALOIDが大好きなオタク系初心者スマフォトグラファー!