スマホカメラで接写する方法とピントがうまく合わない時のコツ

 

 

スマホで写真を撮影するときって

近くの物を撮影することが多いですよね。

 

でも近くの物を接写で撮ろうとすると

ピントがなかなか合わなくてうまく撮影できない・・・

なんてこともよくあります。

 

こちらのページではうまく接写をするコツについて紹介していきますね!

 

スマホカメラで接写をするときの基本的なポイント

まずはスマホで接写(至近距離での撮影)の基本的な方法について、

説明していきますね。

 

簡単ですぐに使えるものなので、

今日から使っていってくださいね(・∀・)

 

スポンサーリンク

 

カメラアプリにマクロモードがあるならそれを活用する

ピントはスマホ側が自動的に合わせてくれるのですが、

思ったように合わないこともあります。

 

なのでフォーカスモードを「マクロモード」があるなら

これを使うとピント調整がラクに行えるのでこれを活用しましょう。

 

設定の方法は使うアプリによっても違うのですが、

フォーカスモードを変更する場所で設定ができます。

マクロモードはチューリップのアイコンで表示されていることが多いのでこれを見つけてみましょう!

 

 

マクロモードが使えない場合、被写体をタップしてピントをしっかり合わせる

スマホ購入時から入っているカメラアプリではマクロモードが無いものもありますが、

そういったアプリでも被写体をタップすることでピントを合わせてくれます。

 

カメラを合わせるだけではこのようにピントが合わないこともありますが

ピントを合わせたい被写体にタップすることで…

 

 

はい!ちゃんとピント調整をしてくれました!(・∀・)

こんな感じでしっかりピント調整を行った上で撮影をしましょう。

 

接写でなかなかピントが合わないときの対処法

ピントを合わせるときはスマホを動かさない

マクロモードに設定したらピントを合わせて撮影していきましょう!

で、ピントを合わせるときのコツがありまして。

ピントを合わせている時はスマホを動かさないようにしましょう。

 

動かしてしまうと違うところにピントがあったりしますので

しっかり脇を締めてスマホを動かさないようにしましょうね!

 

また、三脚などで固定してしまうのもかなり有効な手ですので覚えておきましょう。

 

ちょっとだけカメラを遠ざけてみる

スポンサーリンク

カメラには最短撮影距離というものがあります。

最短撮影距離よりも近い距離で撮影しようとするとうまくピントが合いません。

 

スマホカメラの最短撮影距離は機種によっても異なるのですが、

だいたい6~7cmと言われています。

 

そんな時は被写体との距離を少しずつ離しながらピントを合わせてみましょう。

 

実例を見てみましょう。

こちらのフィギュアを接写で撮影しようとしているのですが、

ピントを合わそうと思っても近すぎてピントがズレています。

 

ここで、スマホと被写体の距離を離してピントを再び合わせてみます。

 

今度はしっかりとピントが合いました!

 

このように被写体とスマホの距離が近すぎるのが原因で

うまくピントが合わないこともあるので、

スマホと被写体の距離をちょっと離して撮影すると解決することもあります。

 

外付けのスマホ用マクロレンズを装着してみる

スマホでももうちょっといい感じに接写してみたいなあ…

と思ったら外付けのスマホ用マクロレンズを使ってみることで

スマホカメラだけでは撮影できない写真を撮影することができます。

 

と、文章だけでは伝わらないと思いますので、

どんな感じで撮影できるか実際に写真をお見せいたしますね。

 

…いい被写体がなかったので、

タオルで勘弁してやってください…(´・ω・`)

 

まずは、超至近距離で撮影したタオルの写真です。

 

最短撮影距離よりも近い距離で撮影したため、

ボケボケの写真になっていますね( ;∀;)

 

続いて外付けマクロレンズを使って同じ距離で撮影した写真です。

 

タオルの繊維までくっきり撮れちゃいました!

 

こんな感じで外付けレンズを使うと

写真の幅が広がってスマホであっても結構楽しめるのでオススメです♪

 

 

スポンサーリンク

まとめ

接写をするときはまずマクロモードに切り替え

そして適切な距離に陣取って、ピントを合わせる

はじめはこれさえ意識すれば失敗はしないです!

 

接写をマスターするとSNSにフィギュアや料理を撮るのが一気に上手くなります。

それに伴って楽しさも倍増していきますよ(・∀・)

 

 

 

 

では今回はこの辺で。

ここまで見てくれたあなた様に感謝、です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください